全部、さだ。


全部、さだ。

定価1,650円(本体1,500円)

デビュー以降、通算4450回を超えるコンサートを敢行したアーティストは、
どんな状況でも前を向き、ひとりひとりに歌を手渡し、元気を与えてくれる。
歌作りの方法や、今の時代への思いを語ったロング・インタビューをはじめ、
著名人の愛聴リスト、新進気鋭の落語家との対談、全アルバム紹介などを網羅。
表情豊かな写真に多彩なテーマを盛り込んだ、隅から隅まで“さだまさし”。
ページをめくるたびにワクワクする誌上コンサート、まもなく開演です。

ページを見る

目次

【完全保存版】
  全部、さだ。


【巻頭グラビア】
さだまさしの世界

写真・橘 蓮二

【巻頭コラム】
   さだまさしの歌の中にいる、
元気だった頃の父親。
文・西澤千央

詳細な年譜で振り返る、
さだまさしの歩み。

【ロング・インタビュー】
   すべてが希望でありたい、

  あってほしい。

    さだまさしゆかりの地を歩く、
 イラストマップ〈長崎編〉

   私の好きなさだまさし、
8人のプレイリスト
笑福亭鶴瓶/服部隆之

大竹しのぶ/澤 和樹
岩崎宏美/寺島尚正
栗山英樹/レキシ

さだまさし論①「縁」
音楽の神様に与えられた、
さだまさしの履修課程。

【対談】
さだまさし×春風亭正太郎
言葉を伝える仕事だから、
きちんと届けたい。

6人の芸人が語る、

私にとってのさだまさし。
立川談春/林家二楽

柳家一琴/瀧川鯉八
江戸家まねき猫/寒空はだか

さだまさし論②「音」
 クラシックに根ざした、
さだまさしの音楽。

   英国の港町ブリストルにも届いた、

無観客生配信ライブの歌声。
文・マクギネス真美

心を尽くし、心を信じる。
~2020年、ある日のレコーディング風景~
文・橘 蓮二

さだ工務店 店長

倉田信雄インタビュー
譜面を作る時は、オリジナルに忠実に。


さだまさし論③「話」
法話を講じて歌う、
ヴァイオリン弾き。

『生さだ』スタッフ座談会  
    『今夜も生でさだまさし』、

     だから生放送はやめられない。

    さだまさしゆかりの地を歩く、
 イラストマップ〈東京編〉

『さだまさしのセイ!ヤング』
歴代スタッフ座談会
ハガキ越しの交流が、

『セイ!ヤング』の要。

ぜひ「つばめよつばめ」を、

ヤクルト終身名誉愛唱歌に。
文・長谷川晶一

風に立つライオン基金
どんなに小さくても、

できることはある。

さだまさし論④「詩」
さだまさし歌詞世界研究序説。
~その傾向と対策に関する一考察~

  さだまさしの小説を、
じっくりと味わう。
文・杉江松恋

「映像」とさだまさしに関する、

3つのフェーズ
文・瀬戸邦弘

さだまさしの全アルバムを、
まるっと紹介。

さだまさし論⑤「夢」
長崎親切と魚石とさだまさし。

〈さだまさしトリビュート〉

書き下ろし小説
一九九九年、夏、長崎

高木敦史