名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ

復元 木造天守閣
名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ

¥1000(税抜)

日本三大名城のひとつである「名古屋城」は、尾張徳川家のもとで発展した城下町のシンボルです。木造天守閣による復元が決定した名古屋城からスタートして、そのお膝元で生まれた名古屋カルチャーを、さまざまな角度から紹介します。名古屋城の歴史的、文化的意義や、城下町の特徴的なエリアなど、知れば知るほど面白い名古屋の魅力がぎっしり詰まった一冊です。

ページを見る

  • 日本三大名城のひとつで名古屋のシンボルでもある「名古屋城」。その天守閣は第二次世界大戦の空襲で焼失。1959年に鉄骨鉄筋コンクリートで再建されたのですが、このたび木造での復元が決定しました。2022年には美しい姿でお披露目される予定です。本特集では、生まれ変わる名古屋城を徹底解剖。見どころや歴史から知られざるトリビアまで、多彩な角度で掘り下げます。さらには、そのお膝元で生まれた名古屋カルチャーを一挙ご紹介。由緒ある名古屋と新しい名古屋を見つけてください。
  • 名古屋城は日本で唯一、実測図や古写真など豊富な資料が残っているお城だとされています。史実に忠実に再現するという復元後の姿を、CGでお見せします。城づくりのスペシャリストたちによって作られた当時の城に、現代の建築技術はどこまで近づけるのでしょうか。復元天守閣を上空から眺めたイメージ図も掲載。
  • 城に魅せられ、日本の名城を知り尽くした“お城マニア”の4名が名古屋城の魅力を独自の視点で語ります。お笑い芸人のロバート・山本博さんは、「緑色の屋根」という渋めのセレクト。鉄道文化人・ブロガーの豊岡真澄さんには、城巡り初心者におすすめしたい名古屋城の魅力を教わります。写真家・桐島ローランドさんは、石垣への心酔ポイントから意外な穴場まで一風変わった見どころをご紹介。プロレスラー・藤波辰爾さんは、尾張徳川家の威信を感じる名古屋城のロマンを語ります。
  • 天守閣より一足早く、10年の長きにわたる修復を終えた本丸御殿が、ついに完成。150億円の総工費をかけ、第二次世界大戦の空襲で焼失する前の姿に限りなく近い形に再現されました。地元の各分野の名工たちが集結し、細部に至るまで先人たちの伝統的な技と知恵を継承した豪華絢爛な作りになっています。今回の完成公開にあたり総合ディレクションを担当した廣村正彰さんに、本丸御殿の魅力を聞きました。
  • 名古屋城を起点に、市街地を縦断するように流れているのが堀川です。名古屋城築城と同じ年に開削され、この船運を利用する商人とともに堀川沿いの町が栄えてきました。名古屋駅の市街地から徒歩10分の距離にありながら、今も昔の面影が残り、静かな時間が流れています。近年では、古民家を利用した街づくりも話題になっています。その中心として活動する建築家の市原正人さんと共に歩き、進化する堀川の歴史を辿ります。
  • 1200以上の店舗が集まる商店街で有名なのが大須。実は大須はかつて別の地にあり、名古屋城開府とともに徳川家康の命で大須観音が移転、寺町として栄えます。ごちゃまぜの文化が混在している大須には、迷い込んだ路地裏に意図しない出合いがたくさん。「新しいものだけじゃなく、古いものが入り交じっている」と教えてくれたのは大ナゴヤツアーズ代表の加藤幹泰さん。大須を舞台にあらゆる企画を仕掛ける加藤さんに、街歩きの楽しみを教わりました。偶然の出合いを求めて、路地裏散策してみては?

目次

復元 木造天守閣

名古屋城から始める、
名古屋カルチャー・クルーズ

 CGでイメージする、木造天守閣の復元。
連綿と続く大工の心と技を、後世に伝える。
 チームしゃちほこが語る、「聖地・名古屋城」の魅力。
名古屋城の歩みと歴史を、年表で振り返る。
名古屋の象徴を務めた、「市民の城」を記録。
歴代城主で知る、尾張藩の政治と歴史。
学芸員が指南する、名古屋城の見どころ。
名古屋城を、比較で解剖。

お城マニアに聞く、名古屋城の好きなところ。
ロバート 山本博 お笑い芸人/豊岡真澄 鉄道文化人・ブロガー/
桐島ローランド 写真家/藤波辰爾 プロレスラー


名古屋城を知る、6つのトリビア
ついに完成公開、名古屋城本丸御殿を見よ!
 障壁画にみる、御用絵師「狩野派」の美の世界。
尾張徳川家の品々が伝える、大名の暮らし。
名古屋城名物、武将隊の演武を間近で鑑賞。
名古屋能楽堂で、演者が語る能のこれから。
市長が語る、「天守閣復元後の名古屋」。
名古屋ファンが教える、「最旬・街情報」アプリ
連携を礎に、名古屋の観光と発展に貢献。

書き下ろし短編小説 奥山景布子/名古屋城金鯱哀話

大天守のシンボル、「金鯱」の歴史を辿る。
名古屋出身クリエイターが描く、天守創造×名古屋カルチャー

『ブラタモリ』名古屋編、高視聴率の秘密。
古地図の町割がわかる、名古屋市MAP
【堀川】 堀川の昔と今をつなぐ、建築家の街づくり
【醸造文化】 最先端をひた走る、蔵元たちの冒険。
江戸期に花開いた、茶道文化を歴史探訪。
「自分らしく」と出会う、ファッションの拠点。
【白壁】 江戸から文明開化へ、白壁に残る建築探訪。
【大須】 “ごちゃまぜ”文化な町、大須で路地裏を散策。

名古屋で見つけた、伝統芸能のルーツ
【熱田】 東海道で最も賑わった、「宮宿」を巡り歩く。
【有松】「 絞りの町」で、伝統の技と旅籠気分を体験。

お土産にしたい、名古屋の美しい伝統工芸品。
名古屋ゆかりの、個性的なお土産。
名古屋城から始める旅で、泊まりたいホテル

※本誌は、歴史や文化、まちづくり・ものづくり、デザイン・環境、なごやめし、スポーツ、ポップカルチャーなど、名古屋が持つさまざまな魅力を、市内外へ発信する事業に与えられる、「名古屋応援事業(愛称:名古屋なんて、だいすき事業)」に承認されています。