マーベル最新案内。

映画・コミック・ドラマ・グッズ
マーベル最新案内。

¥1000(税抜)

ヒーロー ── 今ほどこの言葉に、心を揺さぶられる時代はないだろう。
正義とは何か、悪とは何か……という問いかけが、切実に感じられる現代社会。
そんな不安定な世界に挑み続ける存在が、マーベルのヒーローたちだ。
今や、エンターテインメントの分野で圧倒的な存在感を示しているマーベル。
そのクリエイティブの秘密と、未来を見据えた壮大な世界観を探る。

ページを見る

  • コミックのみならず、映画にドラマに多彩なグッズ……とさまざまな分野でクリエイティビティを発揮している「マーベル」。そこから生み出されるヒーローたちに、いま世界中の関心が集まっています。個性あふれるマーベル・ヒーローたちはなぜ愛されるのか、ヒーローたちを生みだしているのはどんな人たちなのか。いま知りたい、マーベルの最新情報とその未来を網羅した、まるごと1冊の大特集です。
  • ファンタスティック・フォー、スパイダーマン、X-MENなど、マーベルの顔ともいえるヒーローを次々と生み出したのが、伝説の編集者スタン・リーです。いまはマーベルの名誉会長であるスタンに本誌が単独インタビュー! 意外に知られていないバックグラウンドを解説、現在の映画やドラマにもつながるその発想の原点について話を聞きました。
  • マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』に主演し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場したベネディクト・カンバーバッチ。これまでのマーベル・ヒーローとは一味違う、魔術を操るキャラクターをどう演じたのでしょうか。『ドクター・ストレンジ』の製作秘話とその見どころをインタビュー。英国を代表する演技派をひきつけた、作品の魅力に迫ります。
  • ドラマや映画で活躍する女優の足立梨花さんはアニメが大好き。でも実は、マーベルのことはあまり知らないそう。そんなマーベル初心者の足立さんを「マーベル女子」にするべく、マーベル大好き芸人のなだぎ武さんが基本をレクチャーします。司会役に映画ライターの杉山すぴ豊さんを迎え、マーベル・ヒーローのなかで足立さんが彼氏にするなら誰がいいか、など大いに盛り上がりました。足立さんにぴったりなのはスティーブ・ロジャース? トニー・スターク? それとも……? 
  • 映画『アベンジャーズ』がファンの要望でスピンオフ、テレビドラマになったのが『エージェント・オブ・シールド』です。シーズン4の撮影現場に潜入し、コールソン役のクラーク・グレッグ、スカイ役のクロエ・ベネットら主要キャストにインタビューを敢行。物語が進むにつれチームの関係性がドラマティックに変化する、目を離せないストーリー展開について語ってもらいました。
  • コミックから映画、ゲームまで、マーベルのコンテンツはあらゆるメディアで展開されています。そのそもそもの出発点となり、現在もクリエイティブの源となっているニューヨークのコミック編集部と、ゲームなどのコンテンツを製作するロサンゼルスのオフィスを取材しました。創造の現場でヒーローたちを生み出すクリエイターの熱い思いをリポートします。

目次

単独インタビュー

伝説のクリエイター、スタン・リーとは。


驚異の映像美、『ドクター・ストレンジ』公開。

初登場から半世紀、コミック版の変遷を紐解く。


ベネディクト・カンバーバッチ インタビュー

魔術の世界に住む、実力派俳優の新たな一面。


│対談│ 足立梨花 × なだぎ武

マーベルのこと、わかりやすく教えてください。


マーベル・シネマティック・ユニバースの全貌。

マーベル・ヒーロー、隠されたその実像に迫る。

МCUに欠かせない、重要キャラクターたち。

名優の演技が、「ヴィラン」に深みを与える。

МCUを読み解くための、2つのキーワード。

進化を続ける、エージェント・オブ・シールド

オリジナルのドラマシリーズが、ますます充実。

マーベルを刺激する街、ニューヨークを巡る旅。

独自の世界、X-МENはシリーズでおさえる。

スパイダーマン、待望の新展開。

NYとLA、2つの拠点から発信される創造性。

コミックを牽引する、マーベルの出版の歴史。

マーベルが広げる、コミック版 『スター・ウォーズ』

時代を反映する、女性ヒーローたちの活躍。

壮大なストーリーは、シビル・ウォーが転換点。

マーベル・コミックスで活躍する、日本人作家。

私が愛してやまない、マーベル・ヒーローたち。

体験したい、マーベルの最新アトラクション

映像からグッズまで、マーベルを楽しみ尽くす。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。