【完全保存版】 エアライン最新案内。


【完全保存版】 エアライン最新案内。

¥1000(税抜)

2019年、JALとANAの両社がエアバスの新機材を導入し、空の旅がより快適に進化した。さらに、2020年3月から羽田空港の国際線が1日およそ50便増加することに伴い、ホテルやスマートシティの建設が進められている。しのぎを削る各航空会社の取り組みのほか、LCCで行くリゾートや穴場のヨーロッパも案内。エアラインから広がる世界へ、いざテイクオフ!

ページを見る

目次

完全保存版
エアライン最新案内。


ある日の羽田空港

    日本の空を変える、

    JALとANAの挑戦。


提携、ラウンジ、サービス・・・
ハワイで展開する熱き闘い。


機内での美食体験を約束する、
人気シェフの競演。


新国内線機材の導入で、
全席でモニターが使えるように。


項目別の数字で見る、JALとANAの現状。


巧みな色使いで
個性を表現した、2社の制服。


JALかANAで行く、国内空港18選。


地方空港で買いたい、日本各地の名物お土産。


飛行機のことが、どうしてこんなに好きなのか。
eri/齊藤成人/森崎ウィン/児島真理奈


[エッセイ] 芸人 カンニング竹山
飛行機を好きになって、広がった世界。


羽田&成田、
日本の二大空港を徹底解剖。


2020年、大きな変化を遂げる羽田空港。


羽田発着だからできる、究極の週末弾丸ツアー


2時間半で行けるヨーロッパ、
ウラジオストクへ。


関空と成田から、こんな都市に直行便あります。


文化までも味に織り込み、進化を続ける機内食。


「乗り得」のビジネス&ファーストは、この6路線。


ボーイング787とセントレア、その深い絆。


パイロット気分になれる、都内の2つのスポット


進化する欧米エアライン、各社の“強み”とは。


「エティハド」の空飛ぶ個室を徹底解説。


大型機の快適さで勝負する「エミレーツ」


旅行者が、サービスで認めた「カタール」


いちどは降り立ちたい、世界のユニークな空港。


トルコに誕生した、巨大なラウンジに初潜入。


ハワイだけじゃない、航空会社の“推し”ビーチ


海外を身近にする、日本発着のLCC8路線。


羽田から直行便で、ベトナムの楽園「ダナン」へ。