ウルトラマン大研究!

円谷プロの魅力を探る。
ウルトラマン大研究!

¥743(税抜)

オンラインで購入

好評のうちに完売した2011年9月1日号『ウルトラQからウルトラマンゼロまで。円谷プロ大研究!』を、『円谷プロの魅力を探る。ウルトラマン大研究!』とタイトルを変更し、新たな記事を20ページほど加え、108ページの完全保存版『Pen+(ペン・プラス)』として発売しました。本誌ではなかった特別付録として、ウルトラマン&ウルトラセブンの両面ポスターを付けました。ぜひ、ご覧ください。

ページを見る

  • 「ウルトラシリーズ」、あの名作を再び』と題して、「監督・脚本家」「キーワード」「隊員」「最終回」の4つのカテゴリーに分け、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』を中心に、記憶に残る名作を紹介します。もう一度見たくなること必至です。
  • ウルトラシリーズ45周年を記念して発表された人気怪獣50。1位がバルタン星人で2位がゴモラなら、3位は? そして、ピグモンやエレキングやキングジョーやジャミラは何位? あなたが好きな怪獣はランクインしているでしょうか?
  • 「ウルトラQ」江戸川由利子&「ウルトラマン」フジ隊員の桜井浩子さん、「ウルトラマン」ハヤタ隊員の黒部進さん、「ウルトラセブン」モロボシ・ダン隊員の森次晃嗣さんの3人が、4ページにわたって撮影当時のエピソードを語ってくれました。
  • 「ウルトラシリーズ」には、いまも残る東京の風景が随所に出てきます。丸山誠司さんのイラストとともに、4つのロケ地をご案内。また、3月24日から2D・3D同時公開の新作映画『ウルトラマンサーガ』の魅力も、たっぷりお見せします。

目次

「ウルトラシリーズ」あの名作を、再び。

監督・脚本家/キーワード/隊員/最終回

「ウルトラシリーズ」全作品を、徹底解剖。

円谷プロの歴史は、ウルトラシリーズとともに。

全部見せます! ウルトラワールド

球を守った、究極の必殺技はコレだ!

円谷英二が、特撮で目指した夢の映像とは。

若き才能が、円谷プロに集結した。

*飯島敏宏/演出家・脚本家  *満田かずほ/演出家・プロデューサー
*市川森一/脚本家  *佐川和夫/特撮技術監督
*中野稔/視覚効果  *池谷仙克/特殊美術  *成田亨/美術デザイン
*実相寺昭雄/監督  *高山良策/造型物製作

天才・金城哲夫と僕と『ウルトラQ』のこと。

時代を超えて愛される、人気怪獣 50

怪獣に命を吹き込んだ、大伴昌司の仕事。

グラフィック・デザインも、傑作ぞろいだ。

座談会 3人の俳優が語る、あの日の「ウルトラ」。

桜井浩子/ウルトラQ 黒部進 /ウルトラマン 森次晃嗣 /ウルトラセブン

僕らを熱狂させ続ける、怪獣とウルトラマン

若田光一/宇宙飛行士  みうらじゅん/イラストレーターなど
鈴木美潮/読売新聞文化部記者  佐野史郎/俳優
水野学/アートディレクター  今江敏晃/プロ野球選手
田村亮(ロンドンブーツ 1号2号)/お笑い芸人

ウルトラ怪獣は、こうして作り出される。

円谷プロ造型工房「LSS」/円谷プロデザイン室

『ウルトラQ』総天然色化計画。

怪獣のいた東京の風景を、訪ねてみよう。

新作映画 『ウルトラマンサーガ』を、見逃すな。

誰もが鮮烈に覚えている、ウルトラの音楽。

懐かしい!「ソフビ」の怪獣人形はいまも現役。

クルマ、飛行機、銃……、精巧な装備の数々。

大人買いしたい、ウルトラな優れモノたち。

大興奮の、「ウルトラマン・アート!」展へ。

これだけは押さえたい、最新情報をチェック!

《特別付録》

ウルトラマン&ウルトラセブン両面ポスター