No.430

列車で行こう、どこまでも。


列車で行こう、どこまでも。

2017年 06月15日号 No.430 ¥630(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

日本の主要都市間を、新幹線が安全かつ超高速で結ぶことは、既に世界の常識。
一方で、地方に行けば、レトロで愛らしい姿のローカル列車も見られる。
そして「ななつ星」「四季島」「瑞風」とJRの超豪華寝台列車がついに運行開始……。
そう、日本の列車はユニークで幅広い。その奥深さは特別だ。
マニアによる独自の視点や盛り上がりぶりが、日本の列車文化を醸成し、
2020年を見据えて鉄道各社が新しいサービスやシステムを構築中。
テツならずとも胸躍る旅へ! さあ行こう、列車に乗ってどこまでも。

ページを見る

  • Pen最新号の特集は、「鉄道」です。JRの超豪華寝台列車「ななつ星」と「四季島」に続いていよいよ「瑞風」が今月に運行をはじめます。世界に誇る超高速列車、新幹線から、豪華寝台列車、そして地方で走り続けるレトロなローカル線。そして食を楽しむ特別列車、東京近郊を走り始めた新型通勤電車まで、鉄道のいまを広く深く掘り下げます。特集のトビラは「トワイライトエクスプレス 瑞風」。重厚な新しいデザインで、西日本各地の新しい魅力を発掘します。
  • 駅舎の建築は、機能を優先するために画一的なデザインが普通でした。ところが最近、そんな常識を打ち破る名建築家が手がける駅が登場しています。そのひとつがこの京王線の「高尾山口駅」。隈研吾が手がけた駅は、さまざまな伝統技法を組み合わせて杉材を大胆に使用しています。じつはこの駅舎、新しく建て直したのではなく、リニューアルによって生まれたもの。大胆なフォルムで利用する人々を迎え入れています。ほかにも坂 茂による東北の女川駅や安藤忠雄による東急線、上野毛駅にも注目です。
  • 豪華寝台列車の話題が賑やかですが、ローカル鉄道の人気も根強いです。来年に廃線になることが決まった島根県の三江線は山間部の路線で、約100Km にも及ぶ距離を3時間半かけて結んでいます。過疎化によって赤字が続き、廃線となってしまいますが、それを惜しんでいまでは多くの鉄道ファンが訪れています。そのほか、日本海の絶景を臨む五能線や、SLがほぼ毎日運行される大井川鉄道、中古電車が元気に走る銚子電鉄など、全国の魅力的なローカル鉄道を紹介しています。
  • 北海道、十勝平野を走っていた士幌線。いまでは廃線になってしまったその路線に昭和初期に建設された橋梁が残っています。糠平湖畔に残る「タウシュベツ川橋梁」は美しいアーチ橋のデザインでその遺構が観光名所。冬になると湖は凍結し、水没したコンクリート橋も凍結により膨張と収縮を繰り返すので、通常の数倍のスピードで朽ちていきます。数年後には崩落するといわれているこの橋に魅せられた写真家の美しい作品の数々を紹介。北海道の大自然のなかで徐々に姿を変える橋の遺構は、思わず息を飲むほどの美しさで感動をよびます。
  • 鉄道の世界のオタクは、ほかの世界のオタクとはひと味違います。日本の鉄道全線を乗るだけでなく、全国に9000以上ある全駅を降りたor乗ったという超乗りテツや、新幹線車窓を研究する人、電車の連結部分の渡し板にハマる人など……。とにかく熱すぎる電車愛にあふれた11人の方々に話を聞きました。トップバッターは音楽界随一のテツといわれるくるりの岸田繁さん。ミュージシャンだけあって、電車のモーター音に惹かれるそうで、録音しては聞いて楽しんでいるそうです。
  • 3月にスイスのバーゼルで開催された、世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」。時計ジャーナリストの並木浩一さんと編集部で厳選したブランドから、イチオシの新作群を紹介します。一瞬で目を奪われたものから、充実したラインナップで悩みに悩んだところも。5月1日号のSIHH特集とともに、時計選びに必携の特集です。

目次

列車で行こう、

どこまでも。


世界に誇る超高速列車、新幹線の真実。

2027年、リニアが鉄道史を塗り替える。

巨匠ふたりが手がける、東西の列車デザイン

旅の愉しみを劇的に変える、豪華寝台列車。

歴史を紡ぐ、「駅」というモニュメント

「2020」をめどに生まれ変わる、東京の駅。

いまこそ乗りたい、個性あふれるローカル線。

北の遺構、タウシュベツ川橋梁の美しさ。

知的好奇心をくすぐる、全国の「てっぱく」へ!

テツたちの熱すぎる「電車愛」から、学ぶこと。

赤字の鉄道を救った、起死回生のグラフィック

廃線になっても愛される、北海道の再生鉄道。

絶景と食とに舌鼓を打つ、おいしい6列車。

通勤スタイルに革命を起こす、私鉄の新車両。

乗るなら徹底活用を! お得きっぷベスト8

時刻表とウェブツールで、オリジナルな旅を。


第2特 集

バーゼルで選んだ、いま欲しい腕時計。


のポートレート#149 ─── 並木浩一

BALL WATCH ボール ウォッチ

経年変化を楽しむ、ハイスペックなブロンズ時計。


Showy Style SUMMER SHIRTS

スタイルを主張する、シャツの着崩し。


Creator’s file アイデアの扉 #069

原 摩利彦 作曲家/ピアニスト

音楽は開かれたものとして、多くの人に届けたい。


PenNews

EDITOR’S VIEW/ TOKYO NEWCOMERS/ WORLD SCOPE

DESIGN LOG/ FASHION SQUARE

「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー

WHO’S WHO 超・仕事人

人間国宝の肖像│第9回 佐々木苑子 染織 小山薫堂

ART BOOK CINEMA MUSIC

木村宗慎 利休によろしく 23

Brand New Board

そして怪物たちは旅立った。─ 64 ─ ─ 島地勝彦

次号予告

No.430

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。