No.396

史上最強の007を目撃せよ。


史上最強の007を目撃せよ。

2015年 12月15日号 No.396 ¥630(税別)

オンラインで購入

シリーズ史上、最高の興行収入を稼ぎ出した『スカイフォール』から3年。
ダニエル・クレイグという役者を得てスタイリッシュに生まれ変わった007シリーズが、
渾身の新作『007スペクター』とともに映画ファンのもとへと帰ってきた。
世界を魅了する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドを演じるダニエルらキャスト監督への
取材を通じ、かつてないスケールで繰り広げられるボンドの冒険譚の魅力をお届けする。
本特集ではさらに、ショーン・コネリーに始まり6人の役者がボンド役を受け継ぎながら、
半世紀で23本もの映画がつくられてきた人気シリーズの“引力”を徹底解剖。
ボンド・カー制作におけるこだわり、時代とともに変化してきたボンド・ガールの存在、
ファッション・アイコンとしてのボンドの装い、その後の映画界に及ぼした影響、
さらには国際情勢を反映するシナリオなど、さまざまな角度から007を紹介する。
『007スペクター』の鑑賞体験を増幅し、旧作も観返したくなる、保存版の特集です。

ページを見る

  • 12月1日発売号は、いよいよ12月4日から日本公開が始まる『007 スペクター』と007シリーズの大特集! ダニエル・ボンドやサム・メンデス監督ら主要なスタッフ&キャストへのインタビュー、制作の舞台裏紹介、シリーズ全作ガイド、音楽やファッションの分析などなど、盛りだくさんの内容です。50年以上にわたり愛されてきた映画史に輝くシリーズの魅力を、さまざまな角度から探りました。『スペクター』を観た方もこれから観る方も、必読です!
  • 今回の特集のため、ロイヤルプレミア直前のロンドンでダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチらはもちろん、クリストフ・ヴァルツやベン・ウィショーらの俳優たちに加え、サム・メンデス監督や製作者へのインタビューも行いました。彼らがどんな思いで役に挑んだのか、ボリューム満点の16ページに及ぶ記事を掲載しています。はたして次回作はどうなるのか、そんな気の早い質問まで聞いてみました。
  • 007シリーズに欠かせない主役のひとつ、ボンド・カー。『スペクター』に登場するDB10のデザインを手がけたアストンマーティン ラゴンダ社のCCO、マレク・レイヒマンに話を聞きました。ぜいたくにも映画撮影のためだけにつくられたDB10ですが、ど迫力のカー・チェイスをCGに頼らずにこなすために、製造過程は一般販売車両と同じだったそうです。『スペクター』でのジャガー「C-X75」と繰り広げる死闘、お見逃しなく!
  • ボンドをボンドたらしめる、名品の数々。スーツやコートなどの衣類はもちろんですが、靴や鞄など、実にさまざまな小物が登場しています。ダニエル・クレイグ版ボンドを中心に、ボンドといえばコレ!な品々を紹介します。もちろん映画だけではありません。原作小説で愛用するボンドの香水をご存じでしょうか? そんなアイテムまで含む、美しき品々が登場。このページを読めば、あなたもボンドになれます!
  • 男たちが007に憧れる理由のひとつに、その華麗なファッションがあるのではないでしょうか。とくにダニエル・クレイグになってからは、彼のボンドを象徴するトム・フォードの着こなしは見事のほかに言葉がありません。アイコンとして燦然と輝くショーン・コネリーから、ダニエル・クレイグまで。歴代ボンドたちのスタイルについて、尹勝浩さんと高橋一史さんのふたりに存分に語っていただきました。
  • 1962年の『ドクター・ノオ』を皮切りに、『スペクター』を含めると24作品が制作されてきた007シリーズ。最新作を除く23作品と“番外編”といわれる2作品について、それぞれの見どころや公開当時のエピソード、登場するボンド・ガールやガジェットなどをギュッとまとめました。『スペクター』は過去作へのオマージュも多い作品なので、いくつかの作品を観ること・観直すことで、新作がより楽しめることと思います。

目次

史上最強の007を目撃せよ。


因縁の宿敵との「再会」に、男は何を見出すか。

ダニエル・クレイグ Daniel Craig
力を取り戻した現代版ボンドの、新たな冒険。

レア・セドゥ Lea Seydoux
いまを生きる女性の、普遍的な強さを演じる。

モニカ・ベルッチ Monica Bellucci
成熟した“美”を表現する、ボンド・ウーマン

骨太な物語を支える、実力派の名優たち。

見えない人生をも描き、物語に深みを与える。――サム・メンデス

人間的成長を果たすボンドで、過去を超える。

シリーズを飛躍させた、“六代目”ボンドの魅力。
語り・吉田修一作家

謎の秘密組織を、新作を観る前におさらい。

ニュー・ボンド・カー、DB 10が完成するまで。

一流の審美眼を学ぶ、タフで美しき愛用品。

男の憧れ、ボンドのファッションを語り尽くす。

UK音楽に立ち返り、主題歌も世界を席巻。

俯瞰視で楽しむ、007と世界情勢。

激動の歴史と歩んだ稀代の名スパイ、007

シリーズ 23作品+番外編2作品、完全ガイド
007が切り拓いた、スパイ映画の半世紀。
危機と喜びに満ちた舞台裏こそ、面白い。
デザイン面で映画の成功を支えた、伝説の男。
元ボンド・ガールが語る、物語を彩る女たち。
アルターエゴをつくった、原作者フレミング
レアアイテムに囲まれた、コレクターの愉悦。
予想は大盛り上がり、七代目ボンドは誰だ?


腕時計のポートレイト #115 ――並木浩一
TIFFANY ティファニー EAST WEST
横に描いた文字盤が印象的な、エレガンスな1本。

Be Destroyed BRITISH TRADITION
英国トラッドを、軽やかに破壊せよ。

Brand Selection Berluti
優雅に靴を磨きあげる、紳士たちの夜会。

第2特集 サロン・ド・シマジ別注ボトル企画
作家・島地勝彦
最高のモルトを求めて、スコットランドの旅へ。


別冊付録
オメガの完璧なる機能美。


PenNews 
EDITOR’S VIEW / TOKYO NEWCOMERS / WORLD SCOPE 
DESIGN LOG / FASHION SQUARE

「白モノ」家電コンシェルジュ ――神原サリー
WHO’S WHO 超・仕事人
Creator’s file アイデアの扉 #035 EKKO
ART BOOK CINEMA MUSIC
小山薫堂の新四輪書 ただいま、商談中 第9回 
ジャガー XE2.0プレステージ
そして怪物たちは旅立った。―30 ―――
島地勝彦
Brand New Board
次号予告

No.396