No.389

美しき、英国良品。

控えめだけど、骨太なたたずまい
美しき、英国良品。

2015年 09月01日号 No.389 ¥602(税別)

オンラインで購入

紐を結び終えたら背筋を伸ばしたくなる、ノーザンプトンでつくられた革靴。
紳士の装いを完成させる、ツイードのジャケットやトレンチコート。
作家からビジネスマンにまで愛されてきたエターナルなデザインの文房具や、
王室御用達の小粋な石けん、あるいは昔ながらの製法でつくられる鋏 ……。
ファッションから家具、日用品や家電製品に至るまで、
英国生まれの品々には男たちを虜にする色気のようなものがある。
盛り上がるクラフト界の現在や、オリジナリティを追求する工房が放つエネルギー、
目利きが選んだ逸品、紳士がもつべき厳選アイテム、
ラグジュアリーブランドが誇る最高峰の職人技など、
今回の特集では、さまざまな角度から英国の美しいものを紹介する。
なぜ我々はかの国で生まれるものに惹かれるのか、その答えがここにある。

ページを見る

  • 控えめだけど、骨太なたたずまい――。英国の品々には、私たちの心の琴線に触れる何かがあります。王室御用達にもなっている伝統的なものがある一方で、新しい形の工芸=クラフトがムーブメントを起こしている“今の英国”は要注目です。この特集では、ファッションから家具、日用品、家電製品まで、150以上の英国良品をさまざまな角度から紹介しています。いずれも国内で購入できるものだけを厳選。あなたの生活にそっと寄り添う、お気に入りの品を見つけてもらえたら嬉しいです。
  • 大特集の最初に登場する企画が「メイド・イン・UK、ものづくりの熱き現場へ」。歴史ある工場や新進の工房など、4つのメーカーの現場と製品を詳細にリポートしています。そのひとつが、1932年創業の「アルガ・ワークス」です。ここは英国で唯一残存するハンドメイドの眼鏡フレーム工場で、1本のフレームが生み出されるまでに、およそ100種類の機械と工具を駆使し、130ものプロセスを経て5日がかりで完成させます。そんな伝統的技術と超アナログ的なこだわりから誕生したフレームは必見です。
  • コンテンポラリーな“英国の美しいもの”をつくる名手として登場してくれたのが、トム・ディクソン。表参道に「トム・ディクソン・ショップ」をオープンしたばかりの彼に、英国らしいデザインについて聞きました。実は若い頃にロックミュージシャンだったトム。オープン前日、関係者や記者向けにレクチャーを行ったのですが、その冒頭に映し出された“ミュージシャンのトム”は、ミック・ジャガーのようにカッコよかった! ロックなエッセンスも、英国デザインらしさのひとつかもしれません。
  • サヴィル・ロウなどの伝統的な紳士服文化が根付く一方で、斬新なアイデアを発信し続けるのが英国のモードシーン。「アヴェック セ フレール バイ アート カムズ ファースト」の服は、二重になったカラーのシャツや、ブリムを貫通する羽根飾りのハットなど、遊び心が満載です。その他、日本の法被(はっぴ)に着想した「アストリッド アンダセン」のトップスや、軍放出品のミリタリー素材を再利用した「クリストファー レイバーン」のブルゾンなど、その魅力は尽きることがありません。
  • 英国在住経験をもつ3人の目利きが登場するページでは、アートディレクターの平林奈緒美さん、スタイリストの馬場圭介さん、英国ラグジュアリーブランドを取り扱うBLBG代表取締役の田窪寿保さんが、それぞれ一押しの品物を紹介してくれています。お酒が好きだという平林さんは、エリザベス女王がtwitterでつぶやいたある言葉がきっかけで、ジントニックに凝り始めたそう。いろいろと調べて辿りついたフィーバーツリーのトニックウォーターは、ことあるごとにまとめて購入しているのだとか。
  • エドワード グリーンのドレスシューズやバーバリーのトレンチコート、グルーブ・トロッターの鞄は誰もが知っている英国製品として有名ですが、そんなファッション以外のジャンルにも、英国にはまだまだ魅力的な製品が目白押しです。デザイナー系インテリアや小物、アート感覚のオブジェ、キッチン家電、ステーショナリー、1点もののヴィンテージ品などなど、インドアからアウトドア用品まで、現在のライフスタイルをより愉しくさせてくれる、UK発「いま欲しい」逸品たち27アイテムを紹介します。

目次

控えめだけど、骨太なたたずまい 美しき、英国良品。

メイド・イン・UK、ものづくりの熱き現場へ。
|CABINET|メソッド・スタジオ |EYEWEAR|サヴィルロウ
|BICYCLE|クエラ |TEXTILE|ロンドン・クロス・カンパニー

クラフト・ブームを牽引する、セレクト店(ショップ)へ。
トム・ディクソンが語る、英国デザインの真髄。
発想力に秀でた、注目のプロダクトデザイナー
モード界を刺激する、7組の最旬デザイナー
現代の紳士像を作り出す、ダンヒルの美学。
バーバリーのコートが、名品と呼ばれる理由。
特別な空間で誂(あつら)える、ポール・スミスのスーツ
3人の目利きが教える、傑作セレクション
 平林奈緒美〈アートディレクター〉 馬場圭介〈スタイリスト〉
 田窪寿保〈BLBG代表取締役〉

思い入れに満ちた私の愛用品、教えます。
 ソリマチアキラ/山本憲資/勝川永一/尾崎雄飛/土田貴宏/柴田 充/
 尹 勝浩/信國太志/齊藤太一/加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)

上品さと知性を醸す、正統派紳士のたしなみ。
 ジェームスロック[帽子]ペンハリガン[香水]
 ターンブル&アッサー[ドレスシャツ、タイ]
 チャーチ[ドレスシューズ]アクアスキュータム[トレンチコート]
 フォックス・アンブレラ[傘、ステッキ]ダスコ[シューケアキット]…ほか

時が磨き上げる、ブライドル革(レザー)が欲しい。
知られざる、「王室御用達」の意外なアイテム
日常が愉しくなる、いま欲しいスグレもの。
“本場”の空気を日本で味わう、噂の人気店。
 ライジングサン〈古着〉ティンズコレクション〈アンティーク〉
 オールドハット〈古着、テーラー〉
 ブリティッシュイクイップメント トレーディング〈雑貨〉

デザインも良質な、美味しいもの図鑑。

PenNEWS | EDITOR’S VIEW

エヌジー シェアハウス・フォー・エピファイト
未来の盆栽を予感させる、セレクトショップのオブジェ

腕時計のポートレイト #108 ――並木浩一

BREITLING ブライトリング
“オール白”が爽やかな、海仕様の日本限定モデル

Bright Darkness PRADA

プラダが奏でる、豊潤なモノトーン

小山薫堂の新四輪書 ただいま、商談中

第2回 トヨタ・クラウン特別仕様車 Hybrid アスリートS ブラックスタイル
輸入車疲れを癒す、安心安定の日本車。

PenNews

EDITOR’S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE
DESIGN LOG/FASHION SQUARE

「黒モノ」家電コンシェルジュ ――麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
Creator’s file アイデアの扉 #028
そして怪物たちは旅立った。─23 ─――島地勝彦
ART BOOK CINEMA MUSIC
Brand New Board
次号予告

No.389