No.500

愛用品と、ともに。


愛用品と、ともに。

2020年 08月01日号 No.500 ¥664(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

モノをもたない人が増えているーー。スマホの登場が多くのツールをひとつへ集約させたように、科学や技術の進化は「道具」との付き合い方を劇的に変化させた。一方で、機能性だけでは測れないものもたくさんある。師匠や先人から受け継いだ想い、自分と向き合うためのルーティン、自らの手となり創作の支えとなる道具、出会いの感謝をカタチにしたもの……。さまざまな人の愛用品を通して見えてきたのは、ものへの愛着だけでなく、暮らしの中でなにに重きを置くかという各々の価値観であり、生き方だ。ものを選ぶ、つまりそれは、自分がどう生きたいかを選ぶ行為でもあるから。愛用品は人生を映す鏡だ。自分にとって本当に必要なものはなにか、そんなヒントをくれる65人の、愛用品とともに生きる物語を見てみよう。

ページを見る

目次

愛用品と、
ともに。

【人生を語るもの】
佐藤可士和
「本質」を追求した、
デザイン哲学に共感する。


平野啓一郎
ともにしてきた時間を物語る、
味わい深い逸品。


坂本龍一
日々身近にあって、
安らぎをもたらすもの。


【クリエイターの愛用品】

加藤 泉/村松亮太郎/色部義昭

佐藤オオキ/目[mé]
大森立嗣/山野英之/舘鼻則孝

深澤直人/森永邦彦

【表現者が惚れた逸品】
稲垣吾郎/藤井フミヤ/ルー大柴

金子貴俊/尾崎裕哉/ハマ オカモト
松岡茉優/瀧内公美/家入レオ

愛用遍歴 Column 01│CAR
中尾明慶

【伝統を受け継ぐ】
神田伯山/松本幸四郎・市川染五郎

波戸場承龍・波戸場耀次

【人間国宝の仕事道具】
室瀬和美/大西 勲

愛用遍歴 Column 02│CAMERA
松任谷正隆

【文具好きが推すペン】
自分自身と向き合い、

手書きの味わいを愉しむ。
KREVA

選び取った一本のペンから、
詞が生まれて音楽になる。

【GMの腕時計】
一流ホテルの総支配人が腕に秘めた、

慎みの美学。

愛用遍歴 Column 03│SHOES
祐真朋樹

【プロのツール】
使い手と一体となり、

プロの技を支える道具。

【目利きが選んだ日用品】
一田憲子

取材と実践を重ね、
しっくりくるものと過ごす。

モノ選びの達人が、

日々使い続ける暮らしの品。

【建築家の愛する家具】
家づくりのプロが選んだ、

こだわりの家具とは。




EDITOR’S VIEW
VACHERON CONSTANTIN
Métiers d'Art Villes Lumières - TOKYO -

東京の夜景を文字盤に封じ込めた、
世界に一本のアート


Brand Selection On
新たなステージを見据えて、
Onの挑戦。


BROOKS BROTHERS
Summer Trad Style
夏色のポロシャツで彩る、トラッドな装い。

創造の挑戦者たち。36
森川拓野 TAKUYA MORIKAWA ファッション・デザイナー
奥行きのある「布」を武器に、
パリコレへ挑む。




CATCH the TREND
小林武史 サステイナブルの行方。04
両天秤の腕時計vol.40 ─ 並木浩一
「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー
小山薫堂の湯道百選 第三九回
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.39 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告


No.500