No.496

現代アートの巨人たち。

世界に衝撃を与えた創造の軌跡
現代アートの巨人たち。

2020年 06月01日号 No.496 ¥636(税別)

オンラインで購入

古来、人はなにかを表現し続けてきたが、時折、世を変革するものが出現する。草間彌生が描いた網、李禹煥が置いた石、宮島達男が光らせた数字、村上隆が描いた花、奈良美智が描いた少女、杉本博司が撮った劇場ー。人々の固まった頭を揺さぶり、未知の考えを示す革命的なアートだ。心を震わせる作品は孤独な闘いの末に見出された光である。COVID-19に苦しむ現在、6名が見せる世界はなんと輝いていることか! この瞬間の生命を実感させるアートこそ、いま見たいと強く欲するものだ。6人の芸術家が競演する『STARS展』の開幕まで、まず、この特集でアートの喜びを味わってほしい。

Cover Artwork: © Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページを見る

目次

世界に衝撃を与えた創造の軌跡
現代アートの

巨人たち。

村上 隆  (Murakami Takashi)
ポップな巨大絵画やフィギュア作品が、

芸術を問い直させる。

「スーパーフラット」理念は、

生き延びていく。 ── 逢坂恵理子 国立新美術館長

芸術家の宿命を悟り、

世界で闘った軌跡。

制作と同じ次元で行う蒐集も、

創造の一環。 ── 三木あき子 キュレーター


李 禹煥 (Lee Ufan)
自らの身体で挑み、

無限の広がりを探求し続ける。

瀬戸内海を望んで立つ美術館に、

思索の時が流れる。 ── 李禹煥美術館(香川県)

表現を探る厳しい姿勢に、

憧れを抱く。 ── 坂本龍一 音楽家


宮島達男 (Miyajima Tatsuo)
なぜ宮島は、

7セグメントの数字を使うか?

輝き変化する1から9は、

東洋的な死生観を内包する。

地元民を巻き込み、

場の文脈を反映するアートの力。

普遍的なテーマが、

国境を超えて心に迫る。
 ──孫啟棟 (スンチドン) 上海民生現代美術館 キュレーター

瞬くLEDの光が、

人と宇宙の営みを物語る。 
── レイチェル・ケント 
オーストラリア現代美術館 チーフキュレーター

草間彌生 (Kusama Yayoi)
無上の愛と平和をたたえて、

芸術活動の集大成へ向かう。

永遠性を携える濃密な世界を、

4つのキーワードで解説。

人生を伝えて、

作品への理解を深めたい。 
── ヘザー・レンズ 映画監督

予約制のミュージアムで、

草間ワールドを堪能。 
── 草間彌生美術館(東京都)


奈良美智 (Nara Yoshitomo)
北の地で見た表現が生まれる瞬間に、

創造の根源を知る。

開幕が切望される、

「音楽」とともに楽しむLAの展覧会。

親しみやすく、

万人をつなぐ人間愛がある。
 ── 吉竹美香 キュレーター

奈良が建てたアートの小屋は、

森の中で静かに成長していく。
 ── N's YARD(栃木県)


杉本博司 (Sugimoto Hiroshi)
最新作は『江之浦測候所』を巡る、

無声映像詩。 
── 小田原文化財団 江之浦測候所(神奈川県)

長大な時間の流れがあり、

深い感動へ導く。 ── 清水 穣 写真評論家



両天秤の腕時計 Vol.36 ─── 並木浩一
FREDERIQUE CONSTANT フレデリック・コンスタント
50s調ツートンのハートビートと、
アールデコ系スケルトン


GIORGIO ARMANI
a person of sensibility
豊かな感性をもつ表現者が、
ジョルジオ アルマーニを着る。


DIOR
The Last Paradise
楽園に踊る、 ディオールのグラフィック

創造の挑戦者たち。32
we+ ウィープラス コンテンポラリー・デザインスタジオ
心に働きかけるなにかを、
デザインで打ち出す。

EDITOR’S VIEW ⁄ CATCH the TREND ⁄
WORLD UPDATE
「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー
小山薫堂の湯道百選 第三五回
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.35 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告

No.496