No.493

京都めぐり、アート探し。


京都めぐり、アート探し。

2020年 04月01日号 No.493 ¥636(税別)

オンラインで購入

日本の文化・芸術の都といえば京都が思い浮かぶ。都が移された平安時代以降、幾度の世の激変を経てもなお日本美術を牽引してきた。尾形光琳や伊藤若冲といったアーティストが、この地で競い合い作品は時を超えて我々を魅了している。あるいは、藤原頼通が浄土の風景を再現したという平等院鳳凰堂。息をのむような建築美もさることながら、当時の人々の想いを知るとまた違った感動を覚える。一方、この春には昭和8年に開館した京都市美術館が「京都市京セラ美術館」として生まれ変わる。この美術館のある岡崎は、ロームシアター京都をはじめ多彩な芸術を発信するエリア。ローカルな空気感が心地よく、いま注目の場所だ。ますますアートの中心的存在となるに違いない京都。古都で大切にされてきた美を、いま改めてひも解く。

ページを見る

目次

京都めぐり、
アート探し。


数々の名作とともに振り返る、

京都の美術史。
アーティスト対決1
野永徳×長谷川等伯

アーティスト対決2
尾形琳×尾形乾山

アーティスト対決3
藤若冲×円山応挙

アーティスト対決4
竹内栖×上村松園

建築で古今をつないだ、

京都市京セラ美術館。

明治の大事業で変革した、

文化が薫る「岡崎」へ。
植治の庭/美術館/骨董/食

平等院鳳凰堂は、

輝く浄土のイメージを伝えた。

密教の世界観を三次元化した、

東寺の仏像群。

侘び茶の感性が「高麗」を愛し、

「樂」を創造した。

84 京の地で生まれて広まった、

「西陣織」と「友禅染」。

アートの街を盛り上げる、

ユニークな展覧会。

第2特集
春の新作だけを集めて
腕時計EXPO、
開催します!


EDITOR’S VIEW
BOLLINGER Tribute to Moonraker
Luxury Limited Edition

あのスパイの旅立ちを祝う、
豪勢なシャンパーニュ


BOTTEGA VENETA
Construct of Beauty
ミニマルを追求した、
ボッテガ・ヴェネタの洗練。

創造の挑戦者たち。29
中邑真輔 SHINSUKE NAKAMURA WWE スーパースター
リングで「中邑」を表現し、
観客をムーブさせたい。


CATCH the TREND/ WORLD UPDATE
両天秤の腕時計vol.33 ─ 並木浩一
「黒モノ」家電コンシェルジュ ─ 麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
小山薫堂の湯道百選 第三二回
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.32 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告

No.493