No.487

クリエイター・アワード 2019

今年最も輝いたのは誰だ?
クリエイター・アワード 2019

2019年 12月15日号 No.487 ¥664(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

創設から、今年3年目を数えるPenクリエイター・アワード。2019年は高みを目指し、愚直なまでに挑戦を続ける表現者たちの軌跡を追う。既成概念にとらわれず勇猛果敢に突き進み、一歩先の未来を提示するクリエイターたち。その活動や作品に日本中の人々が魅了され、きっと勇気づけられたことだろう。今年最も輝いたのは誰か? 各界から光り輝く9人を選出し、その功績をたたえる。

ページを見る

目次

今年最も輝いたのは誰だ?

クリエイター・アワード2019


塩田千春(アーティスト)
死と寄り添いつくり上げた個展は、
延べ66万人を揺さぶった。

菅田将暉(俳優)
同志と高め合いながら、
トップランナーは飛躍する。


白石和彌(映画監督)
エンタメをつくり社会に声を上げる、
非暴力の武闘派監督。


瀧内久美(女優)
清々しい絡みと膨大なセリフを通して、
日常の尊さが伝わる。


丸龍文人(ファッション・デザイナー)
服好きを唸らせる、
細やかな配慮と独創的なデザイン


中田敦彦(ユーチューバー)
「教養+お笑い」の一人芝居で、
動画界に革命を起こした。


石川直樹(写真家)
身体の反応で撮る、
ヒマラヤ、人、そして地球。


佐藤カズー(クリエイティブ・ディレクター)
広告を超えたメッセージで、
世界からの共感を得た。

光石 研(俳優)
脇役から主役へ。
世の中をざわつかせた、

コミカルな名演。


MONCLERGENIUS
DIALOGUE with CLOTHES
衣服との対話、

モンクレール ジーニアス

Brand Selection
時代を切り拓いた、
カルティエの美学。


Brand Selection
そこに美しく佇む、
ジ・オニツカの洗練。


創造の挑戦者たち。23
ミキ・デザキMIKI DEZAKI
ドキュメンタリー映像作家/ユーチューバー
注意を払われないけれど、
語るべき題材を撮る。



EDITOR’S VIEW / CATCH the TREND /
WORLD UPDATE
両天秤の腕時計vol.27─ 並木浩一

「黒モノ」家電コンシェルジュ ─ 麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
小山薫堂の湯道百選 第二六回
PEN’S EYE 87
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.26 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告

No.487