No.485

「サステイナブル」

小林武史と考える
「サステイナブル」

2019年 11月15日号 No.485 ¥636(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

国連で16歳の少女が環境への責任を問うたスピーチの記憶は、まだ鮮明だろう。どの町もどんなビジネスも、もはや「サステイナブル(持続可能)」な社会へのビジョン抜きに未来は語れない。音楽家の小林武史さんは、日本でいち早く、サステイナブルを実現するためのアクションを起こしてきたひとり。千葉県木更津市に誕生する新施設の構想をたどり、本特集では、持続可能性について多彩な側面から見ていく。まずは知ろう。そしてなにができるかを考えよう。

ページを見る

目次

小林武史と考える
「サステイナブル」

PART1 小林武史と考えるサステイナブル
小林武史と有働由美子、

サステイナブルを語る。
「いのちのてざわり」を感じる、

ファーム&パーク

小林武史に訊く、

サステイナビリティ一問一答。

PART2 いま知っておくべきサステイナブル
誰ひとり取り残さない、

それが「SDGs」の目標。

持続可能な社会を、

デザインはいかに導けるか。

未来を見据えた町づくりは、

こうすればできます。

環境問題を軸に、

ビジネスで社会の課題を解決。

食べ手は、消費者でなく

創造者であってほしい。

生産者と消費者をつなぐ、

新しいネットワーク

「もったいない」の気持ちが、

フードロスを減らす。

PETを循環させる、

日本環境設計の再生技術。

「捨て方」をデザインし、

廃棄物に新たな価値を。

海洋プラごみは、

アイデアと熱意で退治すべし。

環境先進国に見る、

最新のごみ処理とリサイクル

新毛よりキレイになる、

「グリーンダウン」に注目。

石油原料に頼らない、

“夢の素材”がついに実用化。

「デザイン」と「廃棄ゼロ」を、

ファッションでも両立。

台風や温暖化など、

気候変動の仕組みを知ろう。

人の営みが環境を豊かにする、

パーマカルチャー

マンガ『罠ガール』が教える、

害獣被害と対処法。

「流域」という視点で、

地球の区分を考えてみる。

サステイナブルな森こそが、

危機的な林業を救う?!

スウェーデンの菜園で

ブームを呼ぶ、日本の知恵。


第2特集
ピエール・ポラン×レム・コールハース
奇跡の家、夢の競演。

EMPORIO ARMANI
Silence in Shibuya
フレッシュな空気感を纏う、

エンポリオ アルマーニ

Brand Selection HERMÈS
エルメスで叶える、
自分だけの「夢のかたち」


Brand Selection OLD ENGLAND
フランスのエスプリを利かせた、
小粋なオールド イングランド

EDITOR’S VIEW/CATCH the TREND/
WORLD UPDATE

両天秤の腕時計vol.25 ─ 並木浩一
「黒モノ」家電コンシェルジュ ─ 麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
小山薫堂の湯道百選 第二四回
ART BOOK CINEMA MUSIC
創造の挑戦者たち。21
東京車日記 vol.24 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告

No.485