No.474

日本映画を語れ。


日本映画を語れ。

2019年 06月01日号 No.474 ¥648(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

国際的な映画の賞レースに、日本の監督が常連となって久しい。アニメやホラーといった日本が得意とするコンテンツが世界でヒットし、広く影響を与えたり、リメイクされたりすることも珍しくなくなった。新時代「令和」が幕を開けた本年も、周防正行や黒沢清、是枝裕和ら第一線をいく人気監督の最新作から、山田洋次が監督を務め、渥美清が登場する『男はつらいよ』の新作まで、話題作が豊富だ。今回の特集ではそんな監督たちの貴重なインタビューをはじめ、期待の若手俳優やネット配信事情など、日本映画の現在を徹底リポート。海外のジャーナリストやファンにも、その熱い愛を聞かせてもらった。いま改めて、日本映画の魅力を語り合おうではないか。

ページを見る

目次

日本映画を語れ。

時代を牽引する、

3人の監督が伝えたいこと。
監督 周防正行『 カツベン!』 

12月公開予定
監督 黒沢 清 

『旅のおわり世界のはじまり』

6月14日公開
監督 是枝裕和 

『La Vérité』(原題)

10月公開
社会派現代の闇をえぐる、

気骨ある映画が続々公開。

『凪待ち』6月28日公開

主演 香取慎吾、監督 白石和彌が語る。

『楽園』10月18日公開

監督 瀬々敬久×原作 吉田修一に訊く。

『新聞記者』6月28日公開 

監督 藤井道人が語る。

『よこがお』7月26日公開

監督 深田晃司が語る。

渥美清も登場する、

待ちに待った寅さん最新作。

山田洋次監督が語った、

名優・渥美清と寅さんのこと。

フーテンの寅にまつわる、

楽しきトリビア集。


『男はつらいよ』全49作、

パーフェクト・ガイド

ホラー映画│監督 中田秀夫

Jホラーの原点、
「貞子」がスクリーンに蘇った。

若手俳優

今年ブレイク必至、
この若手俳優に注目せよ!
伊藤健太郎 浜辺美波 ほか

アニメ

 監督 湯浅政明
些細な日常の描写から生まれる、
豊かな物語。

VFX

監督 山崎 貴 
大迫力のシーンを描き出す、
最新技術と想像力。

新興勢力

配信や独立系の台頭で、
業界が変わり始めた。

英国人プロデューサーが、

日本映画を一刀両断!

海を越え、

人々の心を揺さぶった日本の映画。

海外の記者&専門家が選んだ

「マイ・ベスト5」

まだまだある、

2019年の絶対観たい新作邦画。

両天秤の腕時計 vol.14 ─ 並木浩一
ORISオリス
微妙な色づかいは

青文字盤で味わうか、
グレーで味わうか。


GIORGIO ARMANI
Make for Pleasure
自分らしく着飾れる、
ジョルジオ アルマーニのスーツ

Brand Selection HERMÈS
エルメスが描いた、
独創的な月面世界。


創造の挑戦者たち。10
真藤順丈 JUNJO SHINDO 作家
諭すのではなく語るように、
沖縄の話を紡いだ。


EDITOR’S VIEW/ CATCH the TREND/
WORLD UPDATE
「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー
WHO’S WHO 超・仕事人
TOKYO INVITATION
小山薫堂の湯道百選 第十三回
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.13 ─ 青木雄介
木村宗慎 利休によろしく 67
Brand New Board
次号予告




No.474