No.468

アートの値段。

いまこそ知りたい!
アートの値段。

2019年 02月15日号 No.468 ¥648(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

昨年10月、サザビーズの競売でバンクシーの絵が約1.5億円で落札。直後に額縁内の装置で裁断が始まった。切り刻まれた絵の価値は? バンクシーはその模様を撮った動画をSNSに投稿。大きな関心を呼んだ破壊行為で、作品の価値は高まったと噂されている。美術館で観ていると忘れがちだが、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵も伊藤若冲の絵も、誰かが購入して、いまに受け継がれてきた。売買もアートにとって重要だ。美術の価値をはかる絶対的な物差しはない。アートとお金について自由に話してみようではないか。

ページを見る

目次

いまこそ知りたい! 
アートの値段。


お金と数字から見えてきた、

世界のアート事情。


アート界に影響力をもつ人々、

「POWER100」


気鋭キュレーターに訊く、

アートの現在と未来。


「売れる値段」を模索する、

ギャラリストの役割。


名品だけを扱う、

二大オークション会社を知る。
クリスティーズ/サザビーズ


ハーブ&ドロシー夫妻の

アートを愛する人生。


コレクターが開いた、

私設ミュージアム5選。


日本の美術を支えた、

賛仰のコレクター列伝。


アートと深い関わりをもつ会社が、

現在急増中。


若手作家への投資が、

社会貢献になるとしたら。


「お金」に着目してたどる、

西洋美術の歴史。


報酬や没後の高騰が示す、

レオナルドの偉大さ。


日本の「美しきもの」が見せた、

多彩な価値。


著名なアーティストが、

注目する作品はコレだ!
推薦する人… 束芋│岩崎貴宏│鈴木康広

大巻伸嗣│やなぎみわ│宮永愛子│西野 達


新しいスタイルのアートフェアが、

京都で開催。


古美術商が教えます!

日本の美を買うイロハ


好きが高じて若冲さんを購入、

人生が変わった。


観ても買っても楽しい、

アートの見本市へ。


第2特集
なぜ「時計界のピカソ」

と呼ばれるのか?
リシャール・ミル
の真実。

HERMÈS
CRISP CONTRAST
木漏れ日に戯れる、
エルメスの穏やかな陰影。


創造挑戦者たち。04
浅野忠信 俳優/アーティスト
俳優の自分を救った、
ドローイングという行為。


木村宗慎 利休によろしく第61回
完全無欠の神に迫る、
祈りのために生まれた「音」


EDITOR’S VIEW/ CATCH the TREND/
WORLD UPDATE
両天秤の腕時計vol.08 ─ 並木浩一
「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー
WHO’S WHO 超・仕事人
小山薫堂の湯道百選 第七回
ART BOOK CINEMA MUSIC
東京車日記 vol.07 ─ 青木雄介
Brand New Board
次号予告

No.468

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。