No.446

手塚治虫の仕事。

マンガの神様 生誕90周年
手塚治虫の仕事。

2018年 03月01日号 No.446 ¥648(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

60年の生涯に15万枚以上を描き、「マンガの神様」と呼ばれる手塚治虫。彼が逝去して30年の月日が流れた。だが現在も第一線で活躍するマンガ家の多くがいまだにオマージュを捧げ、編集者は手塚の著書を教科書がわりにして新人を育てている。マンガやアニメにとどまらず、現代カルチャーの多くは、なんらかの影響を受けていると言っても過言ではないだろう。では改めて、手塚の仕事(クリエイション)のすごさとは、どこにあるのか。本特集ではこの点に、さまざまな角度から光を当てる。付録のマンガ『がちゃぼい一代記』は、手塚の半生が詰め込まれた作品。また、手塚の温もりが残る仕事場は、自身もマンガ少年だった篠山紀信さんに撮影をお願いした。手塚治虫の新作を読むことはもう叶わない。だが、表情豊かなキャラクター、息をのむような物語は、我々の心の中で不死鳥のように生き続ける。

ページを見る

目次

生誕90周年 マンガの神様

手塚治虫の仕事(クリエイション)


アニメと戦争体験が、作品創作の原点だった。

新人作家は必読の、手塚流マンガの教科書。

「モブシーン」 と 「コマ割り」こそ、その真骨頂。

マンガのプロも唸った、 「神様」の目線と情熱。 

『ブラック・ジャック』寺沢武一 漫画家/『鉄腕アトム』中野晴行 編集者兼ライター/ 『新選組』萩尾望都 漫画家/『火の鳥』くらもちふさこ 漫画家

あの傑作の真のテーマを、ずばり解説。

SFに風刺モノまで、分野(フィールド)の広さに舌を巻く。

執念と労力を注ぎ続けた、実験アニメーション

マンガを愛する同志が、熱い絆で結ばれた。

『漫画少年』を知らずに、トキワ荘は語れない。

宝塚という地が、作家としての礎をつくった。

すごろくで振り返る、60年のマンガ人生。

家族が語る、父の素顔と並外れたエネルギー

そのクリエイションに直に触れた、3人の証言。

横尾忠則 美術家/難波弘之 作曲家・編曲家/松谷孝征 「手塚プロダクション」代表取締役
巨星の最後の仕事場を、篠山紀信が撮る。


特別付録

自伝的マンガの名作 『がちゃぼい一代記 手塚治虫


腕時計のポートレイト #165 並木浩一

ROLEX ロレックス 天体の動きを精緻に描く、美しきムーンフェイズ

New Look for New Mode PRADA

グラフィカルに主張する、 新しいプラダ

Play with "Short-Length" BOTTEGA VENETA

ショート丈で遊ぶ、 ボッテガ・ヴェネタ

Brand Selection Herno

街を軽快に疾走する、 都会派のヘルノ


PenNews

EDITOR’S VIEW/WORLD SCOPE/  FASHION SQUARE

「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー

WHO’S WHO 超・仕事人

Creator’s file アイデアの扉 #085 下浜臨太郎 グラフィック・デザイナー

人間国宝の肖像│第25回 大西 勲 髹漆 × 小山薫堂

ART BOOK CINEMA MUSIC

木村宗慎 利休によろしく 39

Brand New Board

そして怪物たちは旅立った。─80─  島地勝彦

次号予告

No.446

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018