Feature Product 象印と暮らす、心地よい日常。ずっとそばにいたい愛しい道具たち。
PROMOTION

象印と暮らす、心地よい日常。ずっとそばにいたい愛しい道具たち。

写真:内藤貞保(龍崎翔子さん)、森本菜穂子(江口宏志さん、渡辺康啓さん、TOSHI-LOWさん) 文:須賀美季

お茶をする、食べる、眠る。仕事をするときも、家族一緒の時間でも。いつもの何気ない日常にそっと寄り添いながら、暮らしを便利に心地よく助けてくれる道具がある。スペシャルサイト「ぼくらの象印展」では、100年以上も人々の生活を支えてきた象印のアイテムが、6人のクリエイターたちの生活をさらに心地よいものへと導いていく。次世代へとつないでいきたい、象印の新しい名品たちと繰り広げられるライフストーリー。

象印と暮らす、心地よい日常。ずっとそばにいたい愛しい道具たち。

ホテルプロデューサーの龍崎翔子さん。「ソーシャルホテル」をコンセプトに、その土地ごとの空気感を捉えたアプローチは、ホテル業界のみならず注目されている。

1918年の大阪、1本のガラスマホービンの誕生からスタートした「象印マホービン」。戦後の高度成長期の1970年5月には世界初の電子ジャーを発売。その後も、落としても割れない保温性の高いステンレスマホービンや、2000年代には携帯電話と電気ポットをつないで、離れていても安心な「みまもりほっとライン」を開発するなど、100年以上の歴史の中で生まれてきた数々の名品は、「もっと、こうだったらいいのに」という日常生活で感じるそんな気持ちをカタチにしたものばかり。「日常生活発想」という象印のモノづくりのコンセプトは、温かいものがすぐ近くにあるという便利さだけでなく、心温まる暮らしをもつくり出してきた。

「ぼくらの象印展」では、そんな象印の最新の道具たちが、さまざまなジャンルで活躍する6人の暮らしに寄り添う様子を知ることができる。若手実業家や蒸留家、イラストレーター、アーティスト、料理家、ミュージシャンなど、彼らの個性あふれるライフスタイルの中で、象のマークはスタイリッシュでありながらほっとさせてくれる愛しい存在として、彼らの日常を豊かにする。今回はその「ぼくらの象印展2021」の一部をご紹介。

1 / 5p
Feature Product 象印と暮らす、心地よい日常。ずっとそばにいたい愛しい道具たち。