Feature Product 山野アンダーソン陽子さんから届いた、北欧の小さなウイスキーグラス

山野アンダーソン陽子さんから届いた、北欧の小さなウイスキーグラス

写真:机 宏典 文:横山いくこ

スウェーデンに暮らし、ガラス作家として活躍する山野アンダーソン陽子さん。10月1日号のPen「暮らしが楽しくなるアイデア集。」特集のためにお願いした、ウイスキーグラスの制作現場にお邪魔しました。

山野アンダーソン陽子さんから届いた、北欧の小さなウイスキーグラス

アトリエで作業する山野さん。一つひとつ、ガラスをかたちづくっていく。

Penからの依頼で新たにウイスキーグラスを制作してくれた、ガラス作家の山野アンダーソン陽子さん。彼女のデザインはいつも、使い手やお店からの「こんな物が欲しい」というオーダーから始まるといいます。それに合わせてイメージや機能、制作効率などのバランスを厳密にとりながら、制作を進め、きわめてシンプルながらも唯一無二の佇まいをつくりだすのです。

今回制作されたグラスは「秋口にウイスキーを飲みながら本を読んでゆっくりする感じ」をイメージしたもの。山野さんは、片手に収まるほどのサイズにぽってりとした厚みをもたせることで、光が屈折し、ウイスキーの色が映り込み、手中に光を溜め込むかのような温かみを感じさせることにしました。ウイスキーグラスとしては小さめなサイズの理由は、スウェーデンではウイスキーはストレート、もしくは氷を入れずに小さじ1杯の水を入れて飲まれることが多いため。常温でじんわりと楽しむ、寒い国らしさも表現されています。

1 / 3p
Feature Product 山野アンダーソン陽子さんから届いた、北欧の小さなウイスキーグラス

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。