Feature Product 【ミクロの世界で紡がれた、腕時計の深淵なる物語。】後編:ミニッツリピーターとプラチナ

【ミクロの世界で紡がれた、腕時計の深淵なる物語。】後編:ミニッツリピーターとプラチナ

写真:正重智生(BOIL) 文:並木浩一

発明の数だけ物語がある。機械式時計が挑み続けてきた歩みを語る上で欠かせない「三大複雑機構」を中心に、人類の叡智が注がれた、奥深き世界をひも解こう。

【ミクロの世界で紡がれた、腕時計の深淵なる物語。】後編:ミニッツリピーターとプラチナ

「パトリモニー・エクストラフラット・ミニットリピーター」、手巻き、18KPG、ケース径41mm、パワーリザーブ約65時間、アリゲーター革ストラップ。¥37,180,000(税込、時価・参考価格)/ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755

可憐な音色で時を奏でる、ミニッツリピーターの妙味。現複雑機構の中で最もつくるのが難しいとされるのが、〝音響系〞のコンプリケーションである。特にミニッツリピーターは、現代の腕時計の技術を駆使しても、つくり手の数が限られる。当然ながらその対価も天井知らずとなる。ミニッツリピーターとは「いつでもリク...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Product 【ミクロの世界で紡がれた、腕時計の深淵なる物語。】後編:ミニッツリピーターとプラチナ