Feature Product クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。
PROMOTION

クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。

写真:安井宏充 文:サトータケシ

都市部で映えるデザインと、扱いやすいサイズ。しかも室内空間は機能的で余裕がある。そんなフォルクスワーゲンの新型コンパクトSUVを、写真家の三浦孝明さんがオンとオフで使ってみた。

クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。

三浦孝明(写真家、ビデオグラファー)●1978年、東京都生まれ。大学卒業後、写真専門学校とスタジオ勤務で撮影技術を学び、アシスタントを経験した後に独立。ファッションやクルマを被写体に、雑誌や広告などで活躍する。

「いい意味で予想を覆されました」
今回、初めてフォルクスワーゲンの「Tクロス」と対面した三浦孝明さんは、そんな第一印象を口にした。
「昨日の夜、予習をしてフォルクスワーゲンでいちばんコンパクトなSUVだということは頭に入れてきたんです。でも実車は彫りの深いデザインで、しっかりとした存在感がある。仕事柄、ラゲッジスペースが広いところもポイントが高いと思いました」

三浦さんの職業は写真家。最近は動画を撮る機会も増えており、ビデオグラファーとしても活動している。
「特に動画の仕事は機材が多いので、荷室の広さは大事ですね」

クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。

デザインパッケージでオレンジを選んだコックピット。ナビゲーションはフォルクスワーゲン純正のインフォテインメントシステム「ディスカバー プロ」で、スマホとの連携など最新機能を備える。

クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。

デザインパッケージでオレンジを選ぶと、シートはこのように洒落たカラーコーディネートとなる。気分が明るくなるインテリアだ。

仕事の日はほぼ100%クルマで出かける三浦さんにとって、クルマは道具というより相棒のような存在だという。そう語る三浦さんが、Tクロスのハンドルを握る。
「打ち合わせやスタジオ撮影の時は都内を駆け回るので、きびきび走って取り回しもいいTクロスは最適なモデルですね。あと“画”を撮る職業の人がカッコ悪いクルマに乗っているわけにはいかないので、これくらいデザインコンシャスだと嬉しいです。インテリアやホイールをカラーコーディネートできる遊び心も感じられます」

打ち合わせや撮影現場に向かう車中は、アイデアを練ったり構成を考えるクリエイティブな空間だという。
「好きな音楽を流しながら運転をしていると、ひらめくことが多いんです。運転もデザインも楽しいこのクルマなら、ひらめく回数が増えそうです」
 そして、「僕もこのクルマの写真や動画を撮りたいなぁ」とつぶやいた。

1 / 2p
Feature Product クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。
Feature Food “一切の妥協なし”のキリン渾身のクラフトビール 「スプリングバレー 豊潤<496>」 が新発売。要潤が感動したおい...
Feature Food “一切の妥協なし”のキリン渾身のクラフトビール 「スプリングバレー 豊潤<496>」 が新発売。要潤が感動したおい...