Feature Product 57もの超絶機能を搭載! 史上最も複雑な機械式時計とは。

57もの超絶機能を搭載! 史上最も複雑な機械式時計とは。

写真:宇田川 淳 文:笠木恵司

創業260周年を迎えたスイス最老舗のブランドが、途方もなく複雑な機械式懐中時計を発表。ヴァシュロン・コンスタンタンならではの技術力を注いだ、最高傑作「リファレンス57260」の魅力をひも解きます。

57もの超絶機能を搭載! 史上最も複雑な機械式時計とは。

表裏2つの文字盤に、計57もの複雑機構を搭載する「リファレンス57260」。表示要素が多いにもかかわらず、機能的かつ美しいダイヤルデザインを実現。

複雑な機能を数多く搭載したグランドコンプリケーションは、いわば機械式時計の「華」とも呼べる存在であり、価格も億単位ということから時計ファンの憧れというべきもの。過去にも1728個の部品を搭載し、33の機能を有するモデルがありましたが、ヴァシュロン・コンスタンタンではこれをはるかに上回る「リファレンス57260」を開発しました。


時計とはいっても、18Kホワイトゴールド製のケースは直径98mm、厚さも50.55mm。ポケットにはとても入らないボリュームですが、その中には2800個以上の部品が精密に組み込まれており、なんと57もの機能を備えています。「時計史上最も複雑な機械式時計」の記録を四半世紀ぶりに大幅更新した、輝かしいレコードホルダーなのです。

57もの超絶機能を搭載! 史上最も複雑な機械式時計とは。

マニュファクチュールとしての技術を凝縮した、自社開発の新型キャリバー「Cal.3750」。下部には精緻なトゥールビヨン機構が確認できる。

しかもこれまでのものが重量1.1Kgとされているのに対して、この「リファレンス57260」は960g。表示に使用する回転ディスクをアルミニウムにするなど、素材面でも軽量化を図った、21世紀にふさわしい複雑時計といえるのです。

このモデルを開発したヴァシュロン・コンスタンタンは、1755年にスイス・ジュネーブで創業。以来、一度も途切れることなく時計づくりを続けてきた世界最古のマニュファクチュールです。昨年で創業260周年を迎えましたが、18世紀に活躍した時計職人=キャビノティエの卓越した技術を継承しながらも、革新的な開発姿勢を貫いてきたブランドを代表する、掛け値なしに超絶的な最高傑作といえます。

1 / 3p
Feature Product 57もの超絶機能を搭載! 史上最も複雑な機械式時計とは。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。