インテリアバイヤー・大島忠智と考える、理想を叶える洗面空間づくり。

写真:杉田裕一 文:高野智宏

TOTOの洗面化粧台の最上位シリーズが13年ぶりにフルモデルチェンジし、「ESCUA(エスクア)」が新発売されました。そこでエスクアのデザインを担当したTOTOの矢部信弘さんと、暮らしに彩りを添えるインテリアブランド「IDÉE」のバイヤー、大島忠智さんの対談を企画。エスクアを通して理想の洗面空間づくり、またライフスタイルを向上させるデザインや機能性について、おふたりに語り合ってもらいました。

インテリアバイヤー・大島忠智と考える、理想を叶える洗面空間づくり。

TOTO デザイン本部デザイン第一部でデザイン主幹を務める矢部信弘さん(左)と、インテリアブランド「IDÉE」のバイヤー、大島忠智さん(右)。東京・新宿のTOTO東京センターショールームで、「エスクア」の各モデルプランを巡りながらふたりの対談が行われた。

今回、新発売された「ESCUA(エスクア)」は、TOTOの洗面化粧台におけるハイエンドシリーズ。デザインを手がけたTOTOの矢部信弘さんは、「デザインのクオリティはもちろん、機能性もTOTOの誇る最新技術を搭載した、最新にして最高のシリーズになったと自負しています」と、胸を張ります。

ハイエンドシリーズの洗面化粧台をフルモデルチェンジした理由を、矢部さんは「お客様の意識の変化が大きい」と語ります。
「これまで住空間の主役といえば、リビングをはじめ、キッチンやバスルームが特にお客様がこだわる場所でした。しかしここ数年で『洗面所を我が家の顔にしたい』という方が増えてきました。というのもゲストを招いた時、使われるのはバスルームではなくトイレと洗面所です。もちろんご家族も、少なくとも朝晩の2回は洗面所を使用されます。ゲストに自信をもって案内でき、そして自らも心地よく使用できる洗面空間を求めるお客様のニーズに応えるためのモデルチェンジなのです」

東京・新宿のTOTO東京センターショールームでモデルプランを巡り、矢部さんの説明に興味深く耳を傾けるのは、インテリアブランド「IDÉE」のバイヤー、大島忠智さん。世界のインテリア事情を知り尽くした大島さんにとっても、洗面空間は「とても興味のある場所」といいます。エスクアを通して理想の洗面空間、またライフスタイルを向上させるデザインや機能性について、おふたりに大いに語ってもらいました。

インテリアバイヤー・大島忠智と考える、理想を叶える洗面空間づくり。

その名の通り、キャビネットが空間に浮いているような仕様の「フローティングデザインプラン」。この海外高級ホテルの洗面空間を思わせるスタイリッシュなスタイルが、新発売のエスクアに導入されたシリーズを代表するデザインプランだ。