元ラグビー日本代表・大畑大介が語る、大人が乗るべきスポーツセダンの条件とは。

写真・ムービー:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:和田達彦 ヘア&メイク:岡野禎公(ushiwakamaru) ムービー:bueno

今夏、SUBARUから登場したWRX S4。内外装に加え、足まわりや先進の安全装備「アイサイト」が大幅にアップグレードされた新型スポーツセダンに、かつてラグビー日本代表として活躍した大畑大介さんが試乗し、その魅力を語りました。大畑さんが実際に試乗コースを走っている映像を収めた、スペシャルムービーも必見です。

元ラグビー日本代表・大畑大介が語る、大人が乗るべきスポーツセダンの条件とは。

●大畑大介(スポーツキャスター、元ラグビー日本代表)。1975年大阪府生まれ。ラグビー日本代表としてワールドカップに2度出場。代表試合トライ数の世界記録をもつ。引退後はラグビーの普及活動に努める一方、TVやラジオで活躍中。昨年、日本人ふたり目のワールドラグビー殿堂入りを果たした。

「ひとりでいる時間が好きなんです。クルマの中は、ひとりになっていろいろなことを考えるには絶好の空間。特に現役時代は練習にも自分で運転して行きましたし、ほぼ毎日クルマに乗っていましたね」と語る、元ラグビー日本代表の大畑大介さん。引退したいまでも、よほど遠方でないかぎり、できるだけクルマで移動しているそうです。家族ができてからは、自分のためだけでなく、家族も楽しめる空間ということも意識するようになったそうですが、基本的にハンドルを握るのは大畑さん。「あまり他の人が運転するクルマに乗りたくない性分なんです。自分のリズムで、というのがいいですね」とのこと。数々のトライを自らの手で決めてきた彼らしいコメントで、大人が乗るべきスポーツセダンについて語ってくれました。