Feature Product 日本とフランス、伝統の技術が出合った特別な腕時計。

日本とフランス、伝統の技術が出合った特別な腕時計。

今年のバーゼル・ワールドでエルメスが発表したのは、フランスと日本の伝統工芸技術が融合した繊細で美しい腕時計。「スリム ドゥ エルメス 駒くらべ」と名付けられた、その特別なモデルにクローズアップ。

針の先ほどの細い絵筆に赤土色の絵の具を乗せて、直径わずか3㎝ほどの真っ白な磁器板に、愛らしくも優雅で、躍動感のある光景を描いていく……。

今年のバーゼル・ワールドで「エルメス」から発表され話題となったのは、パリ郊外のセーヴルで焼かれた磁器製の文字盤に、日本の伝統工芸・九谷焼赤絵によって古式競馬の風景が描かれた、繊細でアーティスティックな腕時計でした。このユニークな時計は、いったいどのようにつくられたのでしょうか?

Photo by Eiichi Okuyama
Feature Product 日本とフランス、伝統の技術が出合った特別な腕時計。