Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.3 文字盤に描かれた、有田焼の艶やかな立体感。
PROMOTION

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.3 文字盤に描かれた、有田焼の艶やかな立体感。

写真:杉田裕一 文:和田達彦 スタイリング:壽村太一 ヘア&メイク:Azuumi

「セイコー プレザージュ」の腕時計に息づく日本の伝統技術を、職人と芸人で小説家の又吉直樹さんとの対談からひも解くシリーズ。第3回は、有田焼ダイヤルの魅力を語り合ってもらいます。

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.3 文字盤に描かれた、有田焼の艶やかな立体感。

写真左:又吉直樹(芸人、小説家)●1980年、大阪府生まれ。2003年に綾部祐二とお笑いコンビ「ピース」を結成。15年には小説『火花』(文藝春秋)で第153回芥川龍之介賞を受賞。近著に『劇場』(新潮社)などがある。写真右:橋口博之(伊万里・有田焼 陶工)●1965年、佐賀県生まれ。しん窯に入社後、精緻な技と洗練された染付を習得し、九州山口陶磁展 通産大臣賞など数々の賞を受賞。96年に伊万里・有田焼下絵付伝統工芸士に認定される。

100年を超える時計づくりの伝統を受け継ぐセイコー プレザージュ。日本の優れた伝統工芸と先端技術との融合を意欲的に行い、これまでに琺瑯(ほうろう)や七宝、漆のダイヤルを採用したモデルを生み出してきました。そして今年9月から新たにラインアップに加わったのが、この有田焼ダイヤルのモデルです。

1 / 3p
Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.3 文字盤に描かれた、有田焼の艶やかな立体感。