Feature Product 歴史的名品を次世代に伝える、「セイコー プロスペックス」のデザイン
PROMOTION

歴史的名品を次世代に伝える、「セイコー プロスペックス」のデザイン

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:まつあみ靖

冒険家・植村直己に愛されたセイコーダイバーズウォッチの意匠を継承する「LXライン」。ブランドアドバイザー・奥山清行が、デザイン哲学を語る。

歴史的名品を次世代に伝える、「セイコー プロスペックス」のデザイン

視認性、機能性をプレミアム感へと昇華。セラミックの表示板を配した逆回転防止ベゼルと、300m飽和潜水用防水、セイコー独自の表面加工技術を施したチタンケースを備える本格仕様のダイバーズウォッチ。シンプルで視認性の高いデザインの文字盤には、7時半位置に約72時間のパワーリザーブ表示を配した。セイコー プロスペックス「LXライン」SBDB027。自動巻きスプリングドライブ キャリバー5R65搭載、チタンケース&ブレスレット、ケース径44.8mm。セイコー ウォッチサロンのみでの取り扱い。¥693,000(税込)

1965年、セイコーは国産初となるダイバーズウォッチを発売した。当時としては画期的な150mの防水性を備え、南極の過酷な環境でも使用されるなど、信頼性の高さを誇った。以来、半世紀以上にわたりセイコーは本格機能スポーツウォッチを進化させてきた。そのヘリテージを受け継ぐセイコー プロスペックスの最高峰シリーズが「LX(ルクス)ライン」である。陸・海・空の3つのフィールドを横断する、このハイエンドコレクションのために、グローバルに活躍する工業デザイナー奥山清行が、ブランドアドバイザーに起用された。

奥山は、ブランディングやトータルなビジネスプロジェクトという幅広い視点の中でデザインを捉え、大きな実績を挙げてきた人物。このセイコー プロスペックス「LXライン」では、どのような方向が目指されたのか。

1 / 3p
Feature Product 歴史的名品を次世代に伝える、「セイコー プロスペックス」のデザイン
Feature Food 3つ星シェフ・小林圭が語る、パリの日々と食への挑戦。
Feature Food 3つ星シェフ・小林圭が語る、パリの日々と食への挑戦。