Feature Product フランス人映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさんと巡る、心を寄せられる街、お店。
PROMOTION

フランス人映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさんと巡る、心を寄せられる街、お店。

写真:菊池良助

日本の魅力をフランス人の客観的な視点で捉え、映像や言葉という表現を通し、世界に伝えている映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさん。東京に住むようになって、長い時間が経つそうですが、今、心を寄せられる、落ち着ける場所は家族とともに暮らしている代々木八幡周辺だと言います。そのエリアを巡りつつ、ピケさんがお気に入りとして挙げるお店を紹介していきます。この日の相棒を務めてくれたのは、新型ルノー トゥインゴです。

フランス人映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさんと巡る、心を寄せられる街、お店。

ブノワ・ピケさんが日本の伝統あるいは新たに生まれた文化、習慣に興味を抱き、フランスから日本に移住したのは10年以上前。当初は京都に住まいがあったそうですが、のちに本人曰く「当時はまだ若かったせいか、刺激が欲しくて」東京に移り住みます。学芸大学など、都心から少しだけ離れた場所を転々とし、現在、ご家族とともに暮らしているのは代々木八幡。ピケさんはその街について、こう話します。

「まず東京全体に言えるいい点はクルマを走らせたり、電車に乗ったりすれば、さほど時間がかからずにさまざまなタイプの街に行けるところ。私がいま住んでいる場所は新宿や原宿、渋谷といった都市にとても近いのですが、雰囲気が穏やかで、人の温かさに触れることができると感じています。実は、周辺にはフランス人が多く住んでいるんですよ。交通の便がよいのもその理由になっているかと思うのですが、それよりも暮らしやすさからみんな、このエリアを選んでいるのでしょう」

「雰囲気が穏やかで、人の温かさに触れることができる」ということは、代々木八幡や近くの代々木上原、富ヶ谷を通ったり、そこのお店を利用したりしたことがある人であれば、誰しもが共感できるかもしれません。背の高い硬質なビルがなく、住宅とこぢんまりとした商店やレストラン、カフェが織り交ざるように立ち並び、そばには代々木公園という広々とした憩いの場がある。どことなく時間がスローに流れている感覚を味わえるのが魅力と言えます。

フランス人映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさんと巡る、心を寄せられる街、お店。

ルノーブランドの新しい象徴であるCシェイプLEDランプ、エアインテークの口が小さくなりすっきりとしたバンパーなどが与えられたことによって、ルノー トゥインゴのフロントフェイスの印象はがらりと変わりました。コンパクトカーでありながら、ボディカラーの鮮やかさも相まって、街中でさりげなく異彩を放ちます。

1 / 4p
Feature Product フランス人映像プロデューサー兼編集者のブノワ・ピケさんと巡る、心を寄せられる街、お店。