Feature Product “アンデジタルな針”が刻む、新感覚の時。日本のデザインユニットが手がけた「ラドー」の新作ウォッチを紐解く。
PROMOTION

“アンデジタルな針”が刻む、新感覚の時。日本のデザインユニットが手がけた「ラドー」の新作ウォッチを紐解く。

写真:宇田川淳 文:土田貴宏

数々の国際的なデザイン賞を受賞してきた「ラドー」。新たなコラボレーションの相手に選んだのは、気鋭の二人組デザインユニットだった。

“アンデジタルな針”が刻む、新感覚の時。日本のデザインユニットが手がけた「ラドー」の新作ウォッチを紐解く。

YOYは小野直紀(1981年生まれ・左)と山本侑樹(1985年生まれ)が2011年に設立。「空間とモノの間」をテーマに家具、インテリアなどを手がける。作品はニューヨークのMoMAをはじめ各国で販売され、多くの賞を受賞。ミラノサローネなどでの展示も行う。15年より武蔵野美術大学非常勤講師を務める。

小野直紀と山本侑樹によるユニット「YOY(ヨイ)」は、世界中のあらゆる人々に伝わるウィットあふれるプロダクトの開発に取り組んできた。海外のブランドが製品化したり、ニューヨークのMoMA がアイテムを販売したり、そのセンスは国境を超えて評価されている。

スイスの時計ブランド「ラドー」が、そんな彼らに注目。現行モデルの「トゥルースクエア」をベースに、文字盤や針、色などをデザインしたのが「トゥルー スクエア アンデジタル」だ。

1 / 2p
Feature Product “アンデジタルな針”が刻む、新感覚の時。日本のデザインユニットが手がけた「ラドー」の新作ウォッチを紐解く。