Feature Product 【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。
PROMOTION

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

写真:宇田川淳 文:本間惠子、並木浩一 イラスト:黒木仁史

1874年創業のウオッチ&ジュエリーブランド「ピアジェ」。その魅力を語る上で切り離せないゴールドとの深い関係について、4人の講師がひも解きます。第2回は、セレブが魅了されたジュエリーウォッチや、著名アーティストのゴールド製ウォッチにまつわるエピソードについて、時計ジャーナリストの本間恵子さんと並木浩一さんがそれぞれ解説します。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

左から、しなやかな仕立てによって手首にフィット。「ライムライト ハイジュエリーウォッチ」クオーツ、WG、ダイヤモンド。ケースサイズ25.0×25.0mm、¥22,200,000(税抜)。彫刻をほどこしたアメシストのカバーを開けると文字盤が現れる「ライムライト ハイジュエリー シークレット カフウォッチ」クオーツ、WG、ダイヤモンド、アメシスト。ケースサイズ27.0×22.0mm、¥20,200,000(税抜)。気品ある紫がアクセントの「ライムライト エクセプショナル カフウォッチ」クオーツ、WG、ダイヤモンド、アメシスト。ケースサイズ32.0×16.0mm、¥16,000,000(税抜)

カフ、またはフランス語でマンシェット(袖口)と呼ばれる大ぶりなジュエリーウォッチの存在は、20世紀の宝飾品史を語る上では避けて通れません。1960年代の後半から70年代にかけてのゴージャスで大胆なモードによく似合い、ハリウッドスターや女性ビリオネアたちにとってはマスト・ハブ・アイテムだったのです。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

エリザベス・テイラー●1932年、イギリスロンドン生まれ。「ハリウッド黄金時代」を代表する大女優のひとり。愛称は「リズ」。PHOTO:Getty Images

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

1971年につくられ、エリザベス・テイラーが購入した翡翠の文字盤のカフウォッチ。イヴ・ピアジェが訪れた山荘にはリチャード・バートンもいたといいます。ⓒPiaget/Fabien Cruchon

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

同じくリズが購入した1981年製のジュエリーウォッチ。ロープ状のチェーンをブレスレットにしたエレガントな仕立て。ともに2011年に開催されたクリスティーズのオークションでピアジェが落札しました。

このトレンドの最先端を走っていたのは、間違いなくピアジェです。当時メゾンを率いていた創業家の第3世代、ヴァランタン・ピアジェが目指していたのは「かつてだれもやったことがないこと」。複雑なテクスチャーをゴールドに彫金したブレスレットと、色鮮やかな宝石を文字盤にはめ込んだカフウォッチは、まさにそれでした。ジュエリーをこよなく愛するエリザベス・テイラーも、ピアジェに魅入られたひとりで、ジュネーブにあるピアジェのブティックに電話をかけ、品物を見たがったのです。そこで現会長イヴ・ピアジェが時計を抱えて彼女の山荘を訪ね、リズはきらびやかなイエローゴールドのカフウォッチを購入したのだといいます。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

ジャクリーン・ケネディ・オナシス●1929年、アメリカニューヨーク州生まれ。第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの夫人。愛称は「ジャッキー」。PHOTO:Getty Images

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

1967年にジャクリーン・ケネディが購入したジュエリーウォッチは、翡翠の文字盤をダイヤモンドとエメラルドが囲むデザイン。映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』では主人公を演じるナタリー・ポートマンがこれを着用。ジャッキーの没後に開催されたサザビーズのオークション以来、この時計はピアジェのアーカイブに収蔵されています。ⓒArchives Piaget

こうした時計をいっそうジュエリーライクなものにしていたのは、卓越したゴールドの加工技術です。たとえばジャクリーン・ケネディ・オナシスが愛用した時計のブレスレットにあしらわれていたのは、ファブリックを思わせるテクスチャー。これは「パレス装飾」と呼ばれる技術で、ゴールドの表面に手作業で彫りを刻みつけています。1957年にプレシャスメタルのみを素材とする決定を下して以来、ピアジェはゴールドのオーソリティなのです。

1961年に貴金属加工の専門工房を次々に買収したピアジェは、スイス伝統の高度な技術を自社に集約。パレス装飾だけでなく、メッシュやブレード装飾、ハンマー仕上げ、鍛造など、特殊な技法を習得したジュエリー職人たちが、アトリエの時計製造部門と同じフロアで働いています。宝石をセットするビジュティエ(石留め職人)やジェモロジスト(宝石鑑定士)も自社にいるピアジェは、ジュエラーと呼んでもさしつかえない布陣なのです。

そのハイジュエリーウォッチは、軽やかにしてモダン。手首にフィットするしなやかさは往年の名作そのままに、オートクチュールのドレスにもたとえられる優美さを実現しています。そしてその背後には、職人たちの注ぎ込んだ技術の粋が隠されているのです。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。

本間恵子(ほんま・けいこ)●1964年、東京生まれ。ジュエリーデザイナーから宝飾専門誌ファッションエディターに転身し、現在はフリーランサーとして国内外を取材する。SIHHやバーゼルワールド、パリオートクチュールの常連でもあり、宝石用高倍率ルーペを常に持ち歩く宝石好き。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義②:セレブやアーティストと時計の華やかな関係。