Feature Product “探検”を支える、新しい相棒。映画監督の三宅唱さんが語る、オッポ「Reno 10x Zoom」の可能性。
PROMOTION

“探検”を支える、新しい相棒。映画監督の三宅唱さんが語る、オッポ「Reno 10x Zoom」の可能性。

写真:菊池良助 文:Pen編集部

中高生を対象に映画をつくるワークショップを行っている映画監督の三宅唱さん。そのワークショップで撮影機材として使用しているのは、ビデオカメラではなくスマートフォンなのだそう。その理由について訊くと同時に、中国でスマートフォンのシェア1位を誇るOPPO(オッポ)のフラッグシップモデル「Reno 10x Zoom」がもつ可能性、楽しさを探ってもらいました。

“探検”を支える、新しい相棒。映画監督の三宅唱さんが語る、オッポ「Reno 10x Zoom」の可能性。

三宅唱(映画監督)●1984年、北海道札幌市生まれ。一橋大学社会学部卒業、映画美学校フィクション・コース初等科修了。いくつかの短編を手がけた後、2010年に初長編作品『やくたたず』、12年に劇場公開第1作『Playback』を監督。第86回芥川龍之介賞候補となった作家、佐藤泰志の小説を原作とする18年公開の『きみの鳥はうたえる』で、第10回TAMA映画賞 最優秀新進監督賞を受賞。近作には、山口情報芸術センター(YCAM)とそこに集った中高生たちと共に制作した『ワイルドツアー』がある。また、建築家の鈴木了二さんとの共同監督作品『物質試行58 A RETURN OF BRUNO TAUT 2016』や、2020年春にNetflixで公開予定の『呪怨』のドラマ版を監督することが決定しているなど、活動は多岐にわたる。

画素数が高くなったり、ズーム機能の精度が高まるなど、スマートフォンに搭載されるカメラは年々進化を遂げています。また、SNSの多様化などによって、写真や映像を撮るという行為がいつの間にか特別なことではなくなりました。どこか遠くへ訪れ、その風景を収めるためや、ライブ会場で公演の断片を収めるために人がスマートフォンのカメラを向ける景色は、ごく当たり前のものです。
劇映画に限らず、ミュージックビデオやインスタレーションと、映像による表現を軸に幅広い作品をこれまで制作してきた三宅唱さんが積極的に取り組んでいることに、中高生向けのワークショップがあります。テーマは映画の1シーンを考え、一緒につくること。山口情報芸術センター(YCAM)と協働で制作し、今年発表した『ワイルドツアー』という映画は、そこから生まれたものでした。そのワークショップのツールとして用いたのはビデオカメラではなく、彼らが普段から馴染んでいるスマートフォン。その理由について三宅さんは「すぐに演出についての話をすることができるから」だと言います。


映画『ワイルドツアー』の予告編。途中、登場する少年、少女たちがスマートフォンを持ちながら散策しているのが分かります。

1 / 5p
Feature Product “探検”を支える、新しい相棒。映画監督の三宅唱さんが語る、オッポ「Reno 10x Zoom」の可能性。