Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
PROMOTION

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

写真:柏田テツヲ 文:西田嘉考 イラスト:阿部伸二(karera)

地域の魅力を再発見することを目的に、小誌Penと三重県がタッグを組んだ「オール三重プロジェクト」。そこで出会った伝統を紡ぐつくり手と、事業者の垣根を超えて誕生した新しい名品を2月13日(土)にインスタグラムでリアルタイム配信が決定。三重の魅力を知り尽くしたエキスパートたちと編集部による公開トークは必見だ。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

右:おぼろタオルでの晒し工程。タオルの吸水性を最大限に引き出すため、糸ではなくタオルにした状態で水に晒す“後晒し”にこだわっている。中右:北牟婁郡の堀内農園から望む雄大な熊野灘。日本の美しい原風景が印象的。中左:伊勢神宮の内宮、宇治橋から見える日の出。左:県の伝統工芸品にも指定されている尾鷲わっぱの製造風景。荒木取りから漆での仕上げまで、全45工程をすべて完全な手作業で行う。

伊勢神宮創設の顛末が記された「日本書紀」巻第六では、美しく満ち足りた土地であることから可怜(うまし)国とも称えられる伊勢国(いせのくに)。その大部分を占める三重県は、雄大な自然や伊勢神宮をはじめとする豊かな観光資源に恵まれ、さらには海山の幸やブランド牛など、美食の宝庫として知られている。一方、そんな“美(うま)し国”で育まれてきた、匠の技を現代に伝える工芸品に、各地で出合えるのも三重県の魅力だ。

たとえば、県北部に位置する四日市市の萬古(ばんこ)焼。陶土に熱に強い鉱石(ペタライト)を混ぜる特殊な技法を特徴とする萬古焼の土鍋は、実に80%以上もの全国シェアを誇る。その窯元のひとつである銀峯陶器では、三代目の熊本哲弥さんが、職人の手仕事の温もりを残しながらも生産工程をオートメーション化する革新的なシステムを導入。

「今後はより食や暮らしに寄り添った商品の提案をしていきたい」と、近年は独自ブランドの調理器具や食器類の製造・販売にも挑戦する。同じく四日市市で、代々にわたり木桶での醤油づくりを行うのが伊勢蔵だ。「長いもので100年以上使い続ける木桶で仕込むことで、唯一無二の味になるんです」と話す5代目の式井一博さん。伝統的な醤油や味噌の他、ドレッシングの開発なども行っている。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

銀峯陶器での土鍋の整形風景。1点ずつ手作業で、ていねいなモノづくりが行われている。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

伊勢蔵での伝統的な醤油の仕込み風景。昔から変わらぬ製法がいまに受け継がれている。

中勢に位置する津市には、明治41年創業の「おぼろタオル」がある。社名にもなっている“おぼろ染め”とは、乾いた状態ではおぼろげに、水に濡れるとくっきりと模様が浮かぶ染色技法のこと。創業者で日本画家でもあった森田庄三郎が発明したものだ。同社では全国的にも珍しい一貫生産にこだわりながら、現代のニーズに合わせた製品開発に取り組んでいる。
そして南東部の伊勢市には、国内外の数々のビアカップで最高賞に輝き、伊勢神宮お膝元の餅屋から世界へと飛躍したクラフトビールメーカーの伊勢角屋麦酒がある。さらに南下した尾鷲市では、古くから山林で働く山師(木こり)たちが愛用してきた尾鷲わっぱの伝統を、4代目ぬし熊・世古効史さんがたったひとりで守っている。
「100年前のわっぱも修理するし、自分の代からはいろいろな漆器を創作するようになった」と話す世古さんもまた、伝統だけでなく革新の気風を感じさせる現代の名工だ。
ほかにも伊賀くみひもや松阪木綿、伊勢うどんから北牟婁郡のみかんまで、三重県を代表する地場生産者たちが一堂に会したのが、今回の「オール三重プロジェクト」。次のページで紹介する、異業種交流やワークショップを通じて生まれた特別なコラボレーション製品は、1月23日より三重県伊勢市の人気ショップ「衣」にて発売がスタート。恵み豊かな土地で生まれた、新しい名品は必見だ。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

おぼろタオルでの整経工程。織りに入る前の準備として、複数の糸を一本にまとめていく。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

2018年に完成した伊勢角屋麦酒の新工場。人材を単なる労働力と考えたくないという鈴木成宗社長の想いから、画期的なフルオートメーションシステムが採用された。

【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!

北牟婁郡紀北町にある堀内農園。季節によって減農薬で栽培されるみかんやポンカンは、農園内の直売所での販売とインスタグラムを使った通販のみ。

1 / 3p
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
Feature Product 伝統をモダンに昇華する、愛知のものづくり最前線。
Feature Product 伝統をモダンに昇華する、愛知のものづくり最前線。