Feature Product これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。
PROMOTION

これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:サトータケシ

「マクラーレン GT」は、グランドツアラーの新機軸を打ち出したモデルだ。ではそのデザインやエンジニアリングにおいて、従来のグランドツアラーとなにが異なるのか。自然と人間の営みが生み出した絶景と対比することで、マクラーレン GTが提示する新たな世界観がはっきりと見えてきた。

これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。

「マクラーレン GT」は、スイッチの操作でフロント部分の車高を20mm上げることが可能。見知らぬ土地へ行く際には、実に有用なメカニズムだ。

マクラーレン GTは「GT(グランドツアラー)」というネーミングの通り、長距離を快適に駆け抜けるために開発されたモデルだ。ただし従来のグランドツアラーとは異なる個性をもつ、革新的なGTと言える。これまでGTといえばどっしりと安定した走りで、粛々とトリップメーターの数字を増やしていくようなモデルだった。けれどもマクラーレン GTは、デザインも走行性能も刺激的。線を引くように走行距離が伸びるというより、爆発する点が連続して遠くまで行くようなイメージだ。今回はマクラーレン GTの先鋭的なデザインとエンジニアリングを際立たせるために、自然が生んだ奇観である千葉県富津市竹岡の「燈籠坂大師(とうろうざかだいし)の切通しトンネル」の絶景と対比させてみた。

1 / 4p
Feature Product これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。