Feature Product ルイ・ヴィトン×マーク・ニューソン、洗練のラゲージで旅に出よう。
Powered by Louis Vuitton

ルイ・ヴィトン×マーク・ニューソン、洗練のラゲージで旅に出よう。

写真:青木和也(静物)

新しい旅のスタイルを牽引するルイ・ヴィトンとデザイン界の寵児、マーク・ニューソンがコラボレーション。21世紀の旅人のためにつくられたという最新ラゲージとは?

ルイ・ヴィトン×マーク・ニューソン、洗練のラゲージで旅に出よう。

伸縮ハンドルから続く、アルミニウムの縁取りがぐるりと囲む背面デザインが美しいのも今回のラゲージの特徴。 マークの緻密な設計によるものだ。

最低限の荷物で旅に出たい人に、
パーフェクトなラゲージデザインを。

──マーク・ニューソン


「ルイ・ヴィトンとコラボレーションしたい。私をそういう気持ちにさせたのは、素晴らしいラゲージをデザインしてみたいというチャレンジ精神からでした」とマーク・ニューソン。

デザイン界で引く手あまたの彼は、世界各地を飛び回るジェットセッター。だからこそ、自身が旅する視点に立って納得するものをつくるべく、今回のコラボレーションに取り組んだそうです。

「私は、バッグひとつに荷物すべてをパッキングしないと気が済まないタイプ。だから、旅に必要最低限のものしか持ち運びたくないという人に向けて、完璧なラゲージをつくりたかった」

こうして、現存するラゲージで最軽量レベルという「ホライゾン」が誕生しました。新境地を開拓すべく生み出された最新技術は、まだ取得中ではあるものの、ファスナーと一体化したロックシステムなど3つの特許出願につながったとか。まさに、21世紀の旅人のための画期的なラゲージなのです。

ルイ・ヴィトン×マーク・ニューソン、洗練のラゲージで旅に出よう。

開いたラゲージの横で制作に取り組むマーク。 内部には取り外し可能なXストラップと、同じく取り外し可能な仕切り用パネルが付属。

MARC NEWSON(プロダクト・デザイナー)

●1963年シドニー生まれ。家具デザインに広く携わるなか、97年にマーク・ニューソン社設立後はロンドンを拠点に活動。家具だけでなくクルマや時計、空港ラウンジなど手がけるデザインは多岐にわたる。2005年、米『TIME』誌で「世界で最も重要な100人」に選出された。

1 / 2p
Feature Product ルイ・ヴィトン×マーク・ニューソン、洗練のラゲージで旅に出よう。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。