Feature Product 革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

写真:秦 淳司 スタイリング:小林伸崇 ヘア:GO UTSUGI (SIGNO) 文:佐野慎悟

auのハイスペックなスマートフォン「isai vivid」に、上質な本革仕様が登場。近未来的な見た目のガジェットとは一線を画す、新しいスマホの価値基準とは?

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。


上質なブラウンが醸す、やわらかかつ確かな存在感。

高級感漂うレザーの装いに、しっくりと馴染みながらも、強い存在感を示す「isai vivid」。上品なライトブラウンのレザーカバーは、カジュアル、スーツ、どちらにも合わせやすい汎用性の高さが魅力です。レザーブルゾン¥183,600、シャツ¥23,760/ともにトッド スナイダー(アングローバルTEL:03-5467-7874)


現代の最新テクノロジーの象徴であり、日常のあらゆるシーンを快適に演出してくれるスマートフォン。それはプライベートやビジネスの垣根を越えて、日々の生活に欠かせないアイテムとなっています。しかし、そのほとんどが画一的なデザインで展開されているスマホは、果たして我々のライフスタイルに本当にフィットしているでしょうか? ファッション、腕時計、クルマに家具、ライフスタイルを彩るあれこれに一家言をもつ読者であれば、そんなことを考えてみたことが、一度はあるはず。そこで注目したいのが、今回auから11月20日発売の本革仕様のLG製スマホ「isai vivid」です。


キメの細かいレザーが本体背面を優しく包み込むこのモデルは、上質な革小物や、高級車のレザーシートを彷彿させる佇まい。万年筆や手帳といったエグゼクティブの愛用品と並べてみても、悪目立ちすることはなさそうです。注意深くディテールを観察してみても、製品としての完成度の高さが窺えます。立体的な曲線を描くカバーのエッジ部分に、極薄のレザーをシワひとつなく貼り合わせる技術力は相当なもの。細かいステッチワークに関しても、左右均等に施された2つのラインには、寸分の乱れも見当たらないほどです。


もちろん外見だけでなく、スマホ本体のスペックも特筆に値します。一眼レフに迫る本格的なカメラ機能とレンズに加え、豊かなカラー再現能力を有する美しいディスプレイにも目を奪われます。美的感覚に妥協を許さない大人のための、とことん〝スマート”なスマホが誕生しました。

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

経年変化が楽しめる、新しいタイプのスマホ
シボ革のブラックと、スムースレザーのブラウンが揃う本革仕様の「isai vivid」。しっとりと手に吸い付くようなレザーの質感が心地よく、緩やかに丸みを帯びたフォルムと相まって抜群のグリップを生みます。レザーには撥水加工が施されており、水分や汚れにも強い。ロゴはエンボス加工で控えめに印字。時計のベルトやシューズとコーディネートすれば、スマートなビジネススタイルを楽しめます。使い込むごとに経年変化が楽しめるのも、レザーならではの魅力。

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

※画像はイメージです。

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

奥行きのある映像が楽しめる、高性能ディスプレイ

太陽光に負けない明るさの高輝度液晶ディスプレイ搭載で、日中の屋外でも映像や文字の高い視認性を確保。従来のブルーとイエローの蛍光体を基本とした液晶に、グリーンとレッドを加えたことで、より豊かなカラー再現能力を発揮。忠実で鮮やかな色彩を再現できる上に、高コントラストで奥行きのある映像が楽しめます。上質なブラウンが醸す、やわらかかつ確かな存在感。

革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。

ジャケット¥70,200、シャツ¥21,600、ハット¥19,980、ボウタイ¥10,800/すべてトッド スナイダー(アングローバルTEL:03-5467-7874)

クラシックにもモダンにも映える、シンプルなデザイン
ボウタイやハットを合わせたクラシックな装いにも、上質なレザー小物のようにしっかりとフィットする「isai vivid」。レンズ周りのメタルパーツが、モダンなエッジを加えています。

1 / 3p
Feature Product 革を纏う時、スマホを持つ意味が変わる。