Feature Product 広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(後編)

広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(後編)

写真:小野祐次 文:深萱真穂 協力:広島県立美術館

菅井汲(すがいくみ 1919~96年)はパリへ渡った日本人画家のなかで大きな成功を収めたひとりだ。図形的な抽象画で一世を風靡した画家は、高速道路を時速250kmで疾走するスピード狂でもあり、愛車はポルシェ。なかでもスポーツカー好きなら誰もが憧れる1973年式ポルシェ911カレラRSを新車で購入し、パリ市内はもちろんのことフランスのオートルートでも極限のドライブを楽しんだ。広島に眠るカレラRSを巡るストーリー、後編をお届けする。

広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(後編)

菅井の911カレラRSを正面から。ポルシェのエンブレムを描いたボンネットのデカールは変色して図柄が判別しにくい。ヘッドライトとフォグランプはイエローバルブ。サイドミラーは左のみ。ナンバーはフランスでつけていた「8576YX75」のまま。高速道路でこの顔が後ろから迫ってきたら、どうだろう。スピードは菅井のみならず人を虜にする。小説家のフランソワーズ・サガンは1957年、パリ郊外でアストンマーティンを運転中に事故を起こし瀕死の重傷を負った。サガン原作の映画『悲しみよこんにちは』(57年)の冒頭に菅井の個展会場が映し出されたのも不思議な縁だ。

パリへ渡り世界的な名声を得た日本人画家の菅井汲(すがいくみ)は、ポルシェでオートルート(高速道路)を飛ばすスピード狂でもあった。亡くなるまで手元にあった1973年式ポルシェ911カレラRSは200台しか生産されなかった希少なライトウェイト仕様で、現在は広島県立美術館(広島市中区)が所蔵している。

記号を思わせる幾何学的な図柄と明快に塗り分けた色彩を特徴とする彼の作品は「スガイのシグナル(標識)」と評され、一世を風靡した。ひと目で菅井の作品だと分かる作風には、高速でクルマを運転する際に交通標識が視野に飛び込んでくる視覚体験が反映されている。標識は即座に認識できなければ生死にかかわる。ポルシェでの疾走が創作のインスピレーションを与えていたのは間違いない。

輪郭がはっきりした図形的な作風には、菅井の体調も影響していたようだ。1970年代にアシスタントを務めた、あまのしげさんによれば菅井は67年に起こした大事故の影響で絵筆をうまく扱えず、作品は菅井の構想に従い2人のアシスタントが制作したという。菅井が80年代以降、筆触の跡が残る絵画へと転じたのも、体調の回復が背景にあったのかもしれない。

96年、菅井は一時帰国中に77歳で亡くなった。愛車のカレラRSは、光子夫人が2003年に他界した後、作品やスケッチとともに遺族が同館へ寄贈した。寄贈前は菅井が晩年に設けた熱海のアトリエに保管してあったが、日本では登録されず、ナンバーはフランスの8576YX75のまま。サービス手帳の記録では、時速300kmまで刻まれたスピードメーターは3万5千km近辺で交換されたらしく、現在の距離計は44445kmを示している。


【関連記事:広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(前編)】

1 / 4p
Feature Product 広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(後編)