Feature Product 広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(前編)

広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(前編)

写真:小野祐次 文:深萱真穂 協力:広島県立美術館

菅井汲(すがいくみ、1919~96年)はパリへ渡った日本人画家のなかで大きな成功を収めたひとりだ。図形的な抽象画で一世を風靡した画家は、高速道路を時速250kmで疾走するスピード狂でもあり、愛車はポルシェ。なかでもスポーツカー好きなら誰もが憧れる1973年式ポルシェ911カレラRSを新車で購入し、パリ市内はもちろんのことフランスのオートルートでも極限のドライブを楽しんだ。

広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(前編)

そのクルマは広島県立美術館(広島市中区)に収蔵されている。わたしは「SUGAÏのポルシェに会いに行く。」と題する記事を2011年に雑誌で紹介。そして今回 Pen Onlineの特別企画でふたたび、広島県美に保存されている菅井のカレラRSに会いにいった。「ナナサンカレラRS(正式には1973年式ポルシェ911カレラRS)」は大きく「ツーリング」と「ライトウェイト」に区分される。菅井が所有し最後まで愛したカレラRSはわずかに200台しか生産されなかったライトウェイトモデル。あらためて車両の詳細を調べ、親交のあった人たちの言葉に耳を傾けるうち、亡くなるまで手放さなかった愛車への想いを以前より深く理解できるようになった。創作にも多大なインスピレーションを与えた特別なポルシェと画家の物語を、ここに再び呼び起こしたい。

1 / 3p
Feature Product 広島に眠るノンレストアの「ポルシェ911カレラRS」は、菅井汲が愛した特別なクルマだった。(前編)
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。