Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。
PROMOTION

松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。

写真: 河内 彩 文:Pen+編集部

写真とカメラにまつわるライフスタイル提案を行う専門店「北村写真機店」がカメラの聖地・新宿に誕生。この新店舗にカメラを熱愛する松任谷正隆さんが訪問し、各フロアの楽しみ方をレポートする。

松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。

松任谷正隆●1951年東京都生まれ。音楽プロデューサー・アレンジャー・キーボーディスト・作曲家であり、モータージャーナリスト・タレントとしても活躍中。

高知県高知市に「キタムラ写真機店」として創業し、今年で87年目を迎える「カメラのキタムラ」が新宿にオープンした旗艦店、それが「北村写真機店」だ。

街路に接する1階にはカメラのドレスアップアイテムやガジェット系のデジカメなどがごく控えめに展示してあるが、カメラ店というよりオシャレなセレクトショップのような雰囲気。あえてギッシリとカメラを展示せず、マニア以外のユーザーも優しく受け入れる店舗設計だ。カメラ愛好家の松任谷さんは少々戸惑った様子。「入った瞬間、何のお店だろう? という感じですね。僕は新宿に詳しくないけれど、お店があるのはこの位置ですか?」と覗き込んだのは新宿の街を縮小したジオラマ。これは自分の手持ちのカメラで撮影OK。眺めるのも楽しいが、思わず写真を撮りたくなる不思議な空間になっている。

松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。

新宿の街路から店舗へと切れ目なしにつながり、風通しも良好なエントランス。究極の映像の臨場感を実現するモニターも装備。

松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。

1階のスタイル&グッズには、カメラモチーフのトートバッグやドレスアップ用のストラップなど、さまざまなアイテムが販売されている。

松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。

1000分の1スケールで精密に作られた新宿の模型。表面には写真が貼り付けてある。リアルな街なみを空撮目線で追いかけるのは快感。

1 / 4p
Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。