Feature Product 美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツ...

美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツの思いとは?

写真:遠藤宏 文:猪飼尚司

現代のデンマークを代表するデザイナー、セシリエ・マンツがアクタスから新たなカトラリーと器のコレクション「HIBITO(ヒビト)」を発表。静かな佇まいと滑らかなライン。テーブルを囲む時間を美しく彩るコレクションに託した思いとは。来日したマンツに話を聞きました。

美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツの思いとは?

家具、照明にはじまり、音響機器、ファブリック、ガラス、セラミックなど、幅広い分野でデザインを手がけるセシリエ・マンツ。1972年にデンマークに生まれ、コペンハーゲンとヘルシンキでデザインを学んだ彼女が独立したのは98年のことでした。

「独立した当時、デンマークではまだ1950年代の北欧デザインの黄金期の名残が残っており、新たなデザインの兆しはそれほど感じられませんでした。現代に生きる自分がすべきことはなにか。常に自身に問いかかけてきたように思います」

身の回りに状況に注意深く目を配り、そこにいかに自然かつ新鮮な感覚を見出すことができるか。そこにセリシエ・マンツのデザインの本質があります。

美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツの思いとは?

2005年にデザインを手がけ、セシリエ・マンツの名前を一躍世界に知らしめたライトイヤーズの照明「カラヴァッジオ」。

美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツの思いとは?

2016年にアクタスとタッグを組んで初めて発表した椅子「モク」。丸みを帯びたフレームが身体を優しく包み込みます。

1 / 4p
Feature Product 美しく、リーズナブル。思わず手に取りたくなるテーブルウェアシリーズ 「HIBITO」に込められた、セシリエ・マンツ...