Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編
PROMOTION

いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編

写真:宇田川淳(静物)、森山将人〔TRIVAL〕(人物) 文:篠田哲生 スタイリング:石川英治(静物)

アメリカ生まれの時計ブランド「ハミルトン」は、伝統的なスイス時計とは異なる発想力とデザイン力で、さまざまなスタイルの製品をつくってきた。今回取り上げるのは、アメリカの時計文化に光を当てた「アメリカンクラシック」。その魅力を各界のトップランナーに語ってもらおう。

いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編

過去の傑作モデルのスタイルを引き継ぐのが、「アメリカンクラシック」の特徴。腕時計黄金期である20世紀中期のデザインが多いため、クラシック&エレガントな雰囲気がある。

1892年にアメリカのペンシルベニア州で生まれた「ハミルトン」は、鉄道時計の名門として名を馳せ、アメリカを代表する時計ブランドとなった。同社の特徴は発想力にあった。伝統に縛られず、先進性を尊ぶ姿勢から生まれた時計たちは、常に時代の最先端を進むアメリカンカルチャーの代名詞だった。製造拠点をスイスに移した現在でも、「スイスの正確性で、アメリカンスピリッツを表現する」という信念は変わらない。なかでも過去の傑作デザインを継承する「アメリカンクラシック」は、“アメリカ色”が強いコレクション。いわゆるスイス時計とは違ったキャラクターがあるので、新しい時代を牽引する若きビジネスパーソンにこそ使ってほしい。普段はスマートウォッチで軽やかに過ごしつつも、特別なシーンには由緒正しき個性派時計を選ぶ。そういう視点を大切にしたい。

1 / 4p
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編