Feature Product グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。
PROMOTION

グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。

写真(ポートレート):森山将人(mili) 写真(時計): 岡村昌宏(CROSSOVER) 文:篠田哲生

デジタルメディアのアーティスト、真鍋大度さんと、グランドセイコーによるアナログ表示の真っ黒な腕時計。正反対と思われがちな両者だからこそ、惹かれあう感性がありました。

グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。

真鍋大度(メディアアーティスト) 1976年生まれ。幼少期をアメリカで過ごし、ゲームやDJ、ヒップホップに熱中する。東京理科大学理学部数学科を経て、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に入学。2006年にウェブからインタラクティブデザインまで幅広いメディアをカバーするデザインファーム「rhizomatiks」を立ち上げる。

プログラミングとインタラクションデザインを駆使するメディアアーティスト、真鍋大度さん。彼の名が世間に広まったのは、テクノ・ポップ・ユニット「パフューム」のステージ演出のテクノロジーサポートがきっかけ。カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルでのパフュームのパフォーマンスは、ニュースでも話題に。さらにはミュージシャンのMVや企業CFなども手がけており、気付かぬうちに彼の作品に触れている人も多いでしょう。

人間と最も近い機械、それがアナログウォッチ。

実体のないプログラミングからさまざまな表現をつくり出すメディアアーティストにとって、19世紀後半から連綿と受け継がれてきた、アナログの極みのようなプロダクト〝腕時計〞の姿は、どのように映るのでしょうか?

「現在の僕にとっては、腕時計は必ずつけるものではありません。しかし、仕事で人前に出る時などは、意識的につけるようにしています。だから道具というよりはファッションやアクセサリーに近いですね。セイコーには思い入れがありますよ。中学生の時に両親からプレゼントしてもらい、大学生まで大切にしていました。グランドセイコーも当然知っています。しかし〝伝統を守っている〞というイメージが強かったので、この真っ黒な新作を見たときは驚きましたね。しかしこの立体感や艶感は、デジタルの世界にはない表現ですし、光のとらえ方で見え方が全然違ってくる。この豊かな表情をスマートウォッチで実現しようと思うといまのスペックでは難しいですね」

軽量で頑強な上に、独特の艶感をもつセラミックスでケースをつくることは、グランドセイコー始まって以来の挑戦。しかも搭載するムーブメントは、機械式とクオーツ式のハイブリッドであるスプリングドライブを採用しました。

「伝統とテクノロジーは本来であれば、正反対であるはず。その両者のバランスを保ちつつ、プロダクトに落とし込む作業は、相当難しかったでしょうね。ぜひとも技術者の方々に開発時の裏話を聞きたいですね。スマートウォッチは身につけるコンピューターとして、多くの試みが行われていますが、まだまだうまく行っていないことが多いです。生活に入り込むためにはこの腕時計のように機能以外の魅力も必要になってきます。でも針で時刻を表現するアナログ腕時計は見事な形でさまざまな問題をすでに解決しています。今後はウェアラブルなデジタル機器は増えるでしょうし、やがては身体の内部にデバイスを埋め込むこともあるでしょう。そういう時代になったとき、研究開発を進める上で腕時計と人間の関係性は、大きなヒントになるかもしれません」

グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。

「細部に光があたることで、腕時計の立体感が際立ちますね。その豊かな表情が、腕時計の魅力になっています」。ケース素材は前衛的でも、美しくカットした針やインデックスは、グランドセイコーのデザインコードをしっかり守っている。縦目配列のインダイヤルやGMT針の先端に入れた赤いポイントなど、細部までしっかりとデザインされており、複雑な機構にもかかわらず視認性も確保している。

グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。

「普段は目に触れない場所でも、ていねいに仕上げてクオリティを高めようとする信念が、見ているだけで伝わってきます」。シースルーバックからは、セイコー独自のスプリングドライブ機構を搭載した自社ムーブメントCal.9R96が見える。細部までこだわり抜くことで、高精度の時計が生まれる。デザインや素材は前衛的でも、時計自体はセイコーの伝統に則ってつくられているのだ。

1 / 2p
Feature Product グランドセイコー、伝統とテクノロジーの見事な融合。