Feature Product フィアット×京都の竹工、イタリアと日本のモノづくりを訪ねる旅。
PROMOTION

フィアット×京都の竹工、イタリアと日本のモノづくりを訪ねる旅。

写真:杉田裕一 文:和田達彦

日本との絆をより深く結びたいという思いから、イタリアの自動車メーカー、フィアットが取り組む「フィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」。日本各地の優れた伝統工芸品とモノづくりに新たな光を当てるこの活動、今回の舞台となったのは京都・長岡京です。

フィアット×京都の竹工、イタリアと日本のモノづくりを訪ねる旅。

今回の作品テーマとなったのは「京都の竹工」。良質な竹材の産地である長岡京の竹を用いて箸をつくり、それを収める箸箱が寺の古材を再利用して製作された。

オリジナルの協働プロダクトづくりを通して、日本各地の優れた伝統工芸を紹介する「フィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」。日本のモノづくり文化の継承を目指すNPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクトとともに、今年2回目の活動として製作するのは、京都・長岡京の高野竹工が手がける竹箸と箸箱です。

高野竹工は、竹工芸店を家業にしていた先代社長が千利休に傾倒し、茶道具を製作する会社として1973年に設立されました。現在、工房には竹工をはじめ指物、漆、蒔絵などの技術をもつ20人の職人が在籍し、茶道具だけでなく日用品の製作から建築内外装の装飾施工まで幅広く手がけています。

Feature Product フィアット×京都の竹工、イタリアと日本のモノづくりを訪ねる旅。