Feature Product フィアット×岐阜の木工、イタリアと日本の職人技が導いた出合い。
PROMOTION

フィアット×岐阜の木工、イタリアと日本の職人技が導いた出合い。

写真:杉田裕一 文:和田達彦

日本との絆をより深く結びたいという思いから、イタリアの自動車メーカー、フィアットが取り組んでいる「フィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」。日本の伝統工芸を紹介する活動の2018年版が始動し、今回は「岐阜の木工」をテーマとした、飾り棚が完成しました。

フィアット×岐阜の木工、イタリアと日本の職人技が導いた出合い。

今回の作品テーマとなったのは「岐阜の木工」。飾り棚の棚板には日本有数の木材の産地、飛騨高山のイチイ材を用い、一刀彫の細工を施した。またスチール製のフレームは、刃物の町として知られる関市で製造されたものだ。

風土やモノづくりの文化において、共通する部分も多いイタリアと日本。その両国の交流をもっと深めたいという願いから、フィアットが2014年から行っているのが「フィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」です。

生産者・デザイナー・ショップ・顧客を全国規模でつなぎ、日本のモノづくり文化の継承を実現するNPO法人「メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」の協力を得たこの活動は、オリジナルの協働プロダクトづくりを通して、日本各地の優れた伝統工芸品とその技術に新たな光を当てるもの。これまでに鹿児島の薩摩切子や栃木の日光彫など、さまざまな日本の伝統工芸を紹介してきましたが、今回のプロジェクトは特別編として、これまでに生まれたオリジナルプロダクトを展示するための飾り棚づくりに決定しました。

Feature Product フィアット×岐阜の木工、イタリアと日本の職人技が導いた出合い。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。