Feature Product いまこそフェラーリ黄金時代! 「ローマ」という名の甘く、官能的なグランツアラー

いまこそフェラーリ黄金時代! 「ローマ」という名の甘く、官能的なグランツアラー

文:小川フミオ

昨年の発表以来、フェラーリ社の新たな方向性を体現する存在として注目を集め続けているフェラーリ ローマ。日本への上陸を果たした同車を試乗レビュー。このクルマはなぜこうも魅力的なのか?

いまこそフェラーリ黄金時代!  「ローマ」という名の甘く、官能的なグランツアラー

夕暮れの道を疾走するフェラーリ ローマ。フェンダーが盛り上がった美しい造型で、反射する光がボディの美しさを強調する。

昨年11月、イタリア・ローマで発表されたフェラーリの優雅なクーペ、その名も「ローマ」がついに日本上陸を果たし、ドライブすることが出来た。車名はフェデリコ・フェリーニ監督「甘い生活」(1960年)の舞台、50年代から60年代にかけてのローマの有閑階級のライフスタイルからインスピレーションを得たそうだ。いったいなぜ、このクルマが世界中のクルマ好きの関心を集めるのだろうか。その魅力の源泉を探った。

1 / 4p
Feature Product いまこそフェラーリ黄金時代! 「ローマ」という名の甘く、官能的なグランツアラー