Feature Product 【電気自動車、 本当の話。】前編:独走するテスラ 、いったいなにがすごいのか?

【電気自動車、 本当の話。】前編:独走するテスラ 、いったいなにがすごいのか?

文:寄本好則(EVsmartブログ編集長)

「嵐のなかの海図なき航海に出た」。2009年、豊田章男は社長就任会見でこう発言した。自動車ブランドの雄、トヨタはハイブリッド車を普及させ、不可能と思われた燃料電池車を市販化させた。そんなトヨタでも先を見通せない自動車の新時代が、いよいよヨーロッパを中心に始まっている。

【電気自動車、 本当の話。】前編:独走するテスラ 、いったいなにがすごいのか?

テスラ「サイバートラック」。大排気量エンジンを誇るマッチョで反エコなトラックを、テスラはデザインから大きく変える。近未来的なスタイルに防弾仕様と新しいトラックをEVで提案。既に発表を終え、発売を待つばかり。

百年に一度の変革には「自動運転」や「シェア」も含まれる。だが最も重要なのは、エンジンなど内燃機関の改革だ。気温上昇を2℃未満に抑える「パリ協定」の実現を目指し、ヨーロッパでは企業平均燃費(CAFE)による罰金を未達メーカーから徴収。その金額は経営を揺さぶるほどだ。しかも燃費は段階的に厳しくなり...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Product 【電気自動車、 本当の話。】前編:独走するテスラ 、いったいなにがすごいのか?