Feature Product 【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.6 経年変化が楽しめる、男の愛用品。
PROMOTION

【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.6 経年変化が楽しめる、男の愛用品。

写真:岡村昌宏 文: ガンダーラ井上

腕時計ブランド「TRUME」に各界の識者が迫る連載企画。第6回は日本製デニム界の重鎮、眞鍋寿男さんが「経年変化」をキーワードに語ります。

【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.6 経年変化が楽しめる、男の愛用品。

今回新たに追加された「Mコレクション」はそれぞれセンサーを内包し、各種の情報をアナログ針で表示。腕時計本体は光発電だけで稼働します。革ベルトの素材には経年変化とともに表情の変化が楽しめるホーウイーン社製クロムエクセルレザーを採用。水や湿気に強いコーデュラバリスティックナイロン製の交換ベルトも同梱されています。TRUME TR-MB7005 ¥259,200(税込)

TRUME(トゥルーム)は、エプソンが立ち上げた新コンセプトウオッチのブランド。さまざまなセンサーを搭載しながらも、その表現をすべてアナログの針で行うという大胆な発想で注目を集めています。そのセカンドモデルが今回新たに登場。岡山デニムで知られるジャパンブルー代表の眞鍋寿男さんに使ってもらい、デニムとも共通する男の道具としての価値を語ってもらいました。

Feature Product 【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.6 経年変化が楽しめる、男の愛用品。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。