Feature Product シャネル、香りの革命史。

シャネル、香りの革命史。

写真:尾鷲陽介

香りの着こなし術:58年前の「プール ムッシュウ」からいま人気の「ブルー ドゥ シャネル」まで。

シャネルのフレグランスの原点「No.5」が発売されたのは、1921年のこと。それまで香水というものは、ジャスミンやスズラン、ローズなど具体的な香りだったのに対し、調香師エルネスト・ボーが生み出したのは、「エレガンス」や「ミステリアス」といった単語で表現される、抽象的な香り。時代を超えて愛される、普遍的な香りづくりががここから始まったのです。

メンズ初のフレグランス「プール ムッシュウ」(上写真)は、それから34年後の1955年に登場します。ガブリエル(ココ)・シャネルが存命中に発売された唯一のメンズフレグランスは、当時男性のグルーミングが流行しつつあったのに先駆けて、2代目の調香師、アンリ ロベールによって作られました。レモン、ネロリ(花)、プチグレイン(葉)の爽やかな香りが広がり、少し経つとカルダモン(種子)、ホワイトペッパーのスパイシーさ、最後にはセダー(樹皮)、ヴェチヴァー(根)の香りが漂います。オリジナリティに富み、エレガントで気品溢れるフレグランスは、まさに普遍的な香りとして58年経ったいまも紳士たちから支持を集めています。
シャネル、香りの革命史。

左から、「アンテウス オードゥ トワレット」(50mL)¥7,560、「エゴイスト オードゥ トワレット」(50mL)¥7,560、「エゴイスト プラチナム オードゥ トワレット」(50mL)¥7,560

次のメンズフレグランス「アンテウス」(上写真左)が誕生するのは、26年も後のことでした。3代目の専属調香師、ジャック ポルジュによる1作目のフレグランスです。大地の女神ガイアと海の神ポセイドンの間に生まれた、“神のように逞しく、人間のように寛大な英雄”、アンテウスというギリシャ神話の登場人物の名前がつけられました。香りは、90種類以上ものエッセンスで構成されたとあって非常に複雑。ラベンダーの芳醇さからクラリセージ(葉)、最後はラブダナム(樹脂)のまろやかな蜜を連想させる甘みが放たれます。情熱と繊細さ、相反する性質が合わさった香りは、“神のように逞しい”ながら繊細な面もあったというアンテウスのキャラクターと重なります。

「エゴイスト」(上写真中央)は、シャネルのメンズフレグランスの人気を決定づけたともいえる一本。メンズには珍しくローズが香り、バニラやサンダルウッドが濃厚に感じられる個性が、その圧倒的な存在感をもたらしています。エゴイストはもうひとつ「エゴイスト プラチナム」(上写真右)というフレグランスもあります。こちらも同様に華やさが香りの特徴ですが、成熟さを表現したエゴイストに対し、その男性が同時にあわせもつ若々しさ、溌剌さの側面にフォーカスをあてています。
上段写真:「プール ムッシュウ オードゥ トワレット」(50mL)¥7,560
1 / 3p
Feature Product シャネル、香りの革命史。