建築家、吉村靖孝の心を動かした、「ブシュロン」の作品と空間。

写真、ムービー:宇田川 淳 文:大隅祐輔 ムービー:bueno

常識を覆す意欲と巧みな技術、確かな先見性をもつ「ブシュロン」は、160年もの間パリを代表するハイジュエラーとしての地位を確立しています。今回、建築家 吉村靖孝さんが、ブシュロン銀座を訪れ、建築家の視点から見て興味深いと思うもの、そして女性に贈りたいギフトについて聞きました。スペシャルムービーとともにお届けします。


さまざまな芸術潮流が生まれた19世紀末。当時最も美しいといわれていた女優、サラ・ベルナールのために、彼女が愛するペットたちをモチーフにした斬新なジュエリーを多数製作した「ブシュロン」。男性が身に着ける時計の定番が懐中時計だった20世紀初頭には、ベルギー国王レオポルドII世ためにゴールド、サファイア、ルビーを使用した腕時計をつくるなど、常識を覆す意欲と巧みな技術、確かな先見性をもち続け、それ故に「ブシュロン」は160年もの間、時代をリードするハイジュエラーとしての地位を確立し続けています。

「ブシュロン」は、パリ・ヴァンドーム広場にブティックを開いた最初のジュエラーとして、広場のなかでもとりわけ日当たりがいい26番地に本店を構えています。提供し続けてきたのは美しいジュエリーだけでなく、大切な友人を自宅に招くような温かさと高級感をあわせもった空間。

ブシュロン銀座においても、その考えは一貫されています。今回、ブシュロン銀座を訪れ、ジュエリー、時計、そしてサービスに触れ、その印象を語ってくれたのは建築家、吉村靖孝さん。環境や社会背景などを考慮した、さまざまなタイプの建築を設計してきている吉村さんは、建築やパリの街並みからもインスピレーションを得ているというブシュロンのジュエリーならびにブシュロン銀座をどう見るのでしょうか。