Feature Product 「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の魅力と、ブランドの歴史をたどるミュージアムの見どころを一挙に解説。
PROMOTION

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の魅力と、ブランドの歴史をたどるミュージアムの見どころを一挙に解説。

写真:宇田川 淳 文:並木浩一 スタイリング:石川英治(Tablerockstudio)

大胆で唯一無二の美しさを誇る「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の新作は、伝統をベースに革新を重ねるオーデマ ピゲならではの腕時計。次々と革新的なタイムピースを生み出す名門ブランドの現在地をひも解く。

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の魅力と、ブランドの歴史をたどるミュージアムの見どころを一挙に解説。

名門の技術力を堪能できる、精悍なクロノグラフ。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」自動巻き、ケース径41㎜、18Kピンクゴールドのアワーマーカーと針、フライバッククロノグラフ、スモールセコンド、日付表示、パワーリザーブ約70時間、「大きな竹斑」入りアリゲーター革ストラップ。18Kピンクゴールド×18Kホワイトゴールド、スモークグレーラッカーダイヤル。¥4,895,000(税込)

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」 は2019年の初頭に姿を現し、瞬く間に時計界を席巻した。超名門ブランドの新作の成功、という地点を越えて、その腕時計が俯瞰する世界観は未だ広がり続けている。 3針デイトのシンプルなタイムピースは、丸形に八角形のミドルケースを組んだ斬新なデザインで心を惹く。

クロノグラフはオーデマ ピゲの技術力を満喫できる垂涎のモデルだ。手巻きフライングトゥールビヨンはオープンワークのデザインも選択でき、さらに自動巻きクロノグラフ搭載モデルが並ぶ。複雑機構ではさらにパーペチュア ルカレンダーが端正な魅力を見せる。 音響系の複雑機構ミニッツリピーター は「スーパーソヌリ」と、最高峰モデル「グランドソヌリ カリヨン」までが加わる。

1 / 3p
Feature Product 「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の魅力と、ブランドの歴史をたどるミュージアムの見どころを一挙に解説。