Feature Product 【デザイン担当副社長 アラン・ダイ 独占インタビュー】Apple Watchの文字盤に潜む、底知れない創意工夫。

【デザイン担当副社長 アラン・ダイ 独占インタビュー】Apple Watchの文字盤に潜む、底知れない創意工夫。

文:林 信行

2020年9月に発表されたApple WachのSeries 6。さらなる進化の裏側にある数々の仕掛けや試みをジャーナリスト林 信行が、Appleのデザイン担当副社長、アラン・ダイ氏に聞いた。

【デザイン担当副社長 アラン・ダイ 独占インタビュー】Apple Watchの文字盤に潜む、底知れない創意工夫。

Series 6の登場とともに新たなデザインや仕掛けを採用し、次なる次元へと進んだApple Watchの文字盤デザイン。

コロナ禍、人々の健康志向が高まったことで、Apple Watchがますます注目を集めている。そんな中、アップルは9月に、より手頃なApple Watch SEと血中酸素など最新の健康指標が測れるSeries 6を発表。腕時計の概念を変える新しいバンド、ソロループも同時発表し、その人気をますます強固なものにしている。だが、Apple Watchの魅力は健康に配慮した機能だけではない。

製品がもつ、そもそもの操作性の良さ、そして使う人が自分好みのものを選んでカスタマイズできる多彩な文字盤も大きな魅力の一つだ。今回、その文字盤などを含む画面デザイン全体を監修するヒューマン・インターフェース・デザイン担当の副社長、アラン・ダイ氏が独占インタビューに応じてくれた。普段何気なく選んでいるApple Watchの文字盤は、その1つ1つの裏に膨大なストーリーや創意工夫があるが、それを知ることは商品への愛着を深めるだけでなく、選択によっては人類の歴史とのつながりをも感じさせてくれることになるかも知れない。


関連記事:Apple Watchの進化の歩みと影響を、ITジャーナリスト林信行と振り返る。

1 / 4p
Feature Product 【デザイン担当副社長 アラン・ダイ 独占インタビュー】Apple Watchの文字盤に潜む、底知れない創意工夫。
Feature Product シェフ・小林圭が考える、時と料理の美しい関係。
Feature Product シェフ・小林圭が考える、時と料理の美しい関係。