Feature Product 話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

写真・文:Pen編集部

9月9日にサンフランシスコで行われ、世界中が注目したアップルの新作発表会。はたしてアップルの新作は、どのようにわたしたちの暮らしを刺激するのでしょう?

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

会場となったのは、伝説的プロモーターの名を冠したビル・グラハム・シビック・オーディトリアム。

9月9日の発表から2週間以上が経ち、いよいよ本日25日よりiPhone6Sが発売されました。先んじて公開された新しいiOS9のダウンロードはもちろん、新しいiPhoneを発売日に手にするために予約をした方も多いことでしょう。そして、この記事を新しいiPhoneで読んでいる方もいるかもしれません。

さて、このたびPen編集部も招待をいただき、サンフランシスコで開催されたアップルの発表会にお邪魔してきました。当初予定されていた飛行機が変更になるなど、波乱含みのスタートでしたが、おかげで搭乗とともに眠り込んでしまい、目覚めることのないままサンフランシスコへ。
他誌のみなさんといっしょのツアーだったものの、ホテルへの移動時にようやく顔を合わせることになりました。専門誌の編集者やジャーナリストの方が多いこともあり、移動のバスのなかでは、明日の発表に向けそれぞれの予想や情報の交換で大盛り上がり。
入国時も、どの会社とのミーティング? と聞かれ「Apple」と答えると無愛想だった管理官もおもわず笑顔をみせてくれたし、ホテルで読んだ地元紙ももちろん一面は明日の発表について。世界が待ち望んでいる、そんな発表会なのです。

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

会場を待つ、各国のジャーナリストたち。このドアが開くのか、はたまた違うドアのほうが先か。

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

開場後は、みな記念撮影をしつつ、ティム・クックの登場を待ちます。

さて発表日である翌朝、ホテルのロビーでごった返す人々を見て、世界中からこの発表のために報道関係者が訪れるんだなと、あらためて数の多さに驚きました。
ホテルからバスで会場へ。バスのなかも、あーでもないこーでもないと各国の言葉で議論しあう人々。興奮は止みません。とはいえ10時からのスタート。まだまだ時間はありますが、みんな元気です。時差ぼけとかないんでしょうか。
開場を待つ姿は、まるで子どものようにワクワクしており、あっちのドアのほうが早く開くんじゃないか、こっちのドアのほうが早そうだと、そこでも謎のリーク(?)合戦が。

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

ティム・クックの登場で会場は沸き立ちます。まるでロックコンサートのよう。

話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

編集Yが実際に腕に巻いたカフ。この画面はエルメスモデルのみの限定仕様に。

ティム・クックの登場とともに、さながらロックコンサートのように発表会がスタート。さて発表の内容を…といってもみなさんすでにご存知だと思うので、それぞれの製品について触れた所見をお伝えします。

今回の発表でトップバッターだったのは、AppleWatch。WatchOS2(こちらも昨日よりリリースされましたね)とともに発表された、エルメスとのコラボレーションモデルに会場はどよめきました。が、発表終了後の実機のお試し会で、もちろん多くのメディアは真っ先にiPhoneへと向かいます。ということでじっくり触れることができました。どこかのメゾンと組んで……という噂はかねてよりあり、いずれ登場するとは思いつつも、それがまずエルメスだったというのは、意外なようでいて非常に順当な展開だったと言えるのではないでしょうか。

クラフツマンシップへのこだわりでは他の追随を許さないエルメス。そのレザーベルトというと、やはりこれまでのAppleWatchの着用とは違う高揚感が。二重巻きの腕時計を個人的にいつかほしいなと思っていましたが、ここでドゥブルトゥールの名で登場。しかし、わかってはいたものの平均的な男性の腕にはちょっと細すぎるかなと。やはりカフが男性の腕にはぴったりです。エルメスは腕まわりのアクセサリが充実してるので、この雰囲気はファッションアイテムとしてもうれしいです。実はいまAppleWatchを使用しているのですが、ベルトはラバーのスポーツタイプ。これはこれで気に入っているのですが、同じフェイスでもずいぶん印象が違うんだなと改めて実感しました。アップルの統一感あるプロダクトとは違う表情に、新しさを感じさせます。

1 / 2p
Feature Product 話題の新作発表会から、アップルの目指す未来を考えました。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。